覚醒メモ③ ~見える世界が変わる

>>覚醒メモ① ~ほどける松果体

>>覚醒メモ② ~質的転換

続きを書く前に、念のため・・・

「覚醒」って、何か特殊なもの(天使とか?)が見えたり、神的な声が聞こえたりなど、そういうことではないことは、ご存知ですよね。
辞書を引くと「目が覚めること、迷いから覚め過ちに気付くこと」とあります。

 

ここで私なりに定義しているものを、書いておきますね。

「覚醒とは、自分の状態、周りの環境を意識的に観察していること。

良い悪いなどフィルターを通してでなく、そのままを見ていること。

それぞれをジャッジすることなく、違いを楽しめること。

生き方を定めて、目的意識(志)を日常に反映していること。」

「覚醒」という言葉をいきなり使い始めちゃったので、書いておきました。

さっぱり(?)したところで続きです。

 

松果体を中心とした脳内の変化と同時に、見え方の変化もありました。

視点は一点に定めているけれど、同時に全体が見えるのです。(観の目というらしい)

今までいかに「顕微鏡で世界を覗くように」一点集中して見ていたか、ということに驚きました。

新たな見え方は、実は站椿における目線の訓練のひとつでもあります。

できていると思っていたら、できていなかったんです。

 

そして今でも、世界を鮮やかに映し出しています。

まるで2Dから3Dに変わったような

荒い画像から4Kに変わったような

全ての輪郭が際立ち、草木一本一本、葉まで立体的に見える

全てが同時にそのままにある、といった感じです。

とても新鮮な感動で、世界を見ています。

 

そしてこの見え方にシフトし、また脳内を内観すると、血液が後頭部へ集まっているんですよね。

今まではおでこの方に集まっていたのです。

この血液の流れは、非常に気持ちが良いのです。

同時に心の変化もありました。

穏やかで平和な気持ちが持続しています。

これがスピリチュアルでよく言う、ワンネス感覚というのでしょうか。

 

もちろん今まで大地と繋がる、丹田を中心としたどっしり安定感、安心感はありました。

そこへさらに輪をかけて、平和な思いが内側から涌き出るようなのです。

やはりおでこに血液が集まっていると、攻撃的になるんですよね。

意識的におでこに集中させようとすると、頭が混乱するんじゃないかってくらい、気持ちが悪いです。

後頭部への血液の流れの感覚を知ってしまうと、もう戻れないですね。

あまりにも気持ちが良いので。

平和な心持ち、血液の流れ、目線の使い方は連動していたんですね。

 

ここまで覚醒について、私に生じた変化と発見を書いてきました。

きっとこれで終わりではなく、始まりなのだと思います。

振り返って感じることは、体感を強く感じること、身体の変化、心の変化、人生の変化は、全てがセットだということです。

心だけ、身体だけとバラバラでは、変容しないということですね。

 

前回も書きましたが、私のプロセスは誰でも「安全に」覚醒にいたるものです。

内観を伴った「いのち」と結び付いたボディーワークの重要性は、身をもって感じるところでもあります。

今までの私の経験を共有していくこと

本気で変容し自分の人生を生きたい方へ、お渡ししていくこと

また新たに身を引き締める思いで、強く腹に落ちたのでした。

 

セッションご案内

能力開発☆ネオホロスコープセッション

★おすすめのエネルギーワーク
敏感でお困りの方へ!やさしい愛ある世界への第一歩に
境界線を築き喜びに生きる~サイキックプロテクションご案内


LINE@ご登録募集!

宇宙や星のこと、目に見えないちょっと不思議なこと、ブログの更新情報など不定期でお届けします。

ただいまLINE@をご登録いただいた方へ、ご希望の方は無料でコズミックレイ・ヒーリングをお受け取りいただけます。

ご登録は下記ボタンからどうぞ

友だち追加


各種お問い合わせはお気軽にどうぞ