続・ミドルエイジクライシス(中年の危機)について考える

6月にこの記事を書いた⇓

ミドルエイジクライシス(中年の危機)について考える

 

ミドルエイジクライシス(中年の危機)は、誰でも訪れる時期で

大体36~40前半くらい(年代によって若干変わる)

 

大天体の影響を次々に受けて、自分の人生について考え

より魂の生き方へとシフトするような時。

 

中年の危機に真っ只中の、夫の様子を見ていると

やっぱりそうなんだなあっていうことがある。

 

自分が本当はやりたかった勉強をして

ずっと好きでやりたかったことに踏み出して

中年の危機に入ってから、とても活き活きして見える。

(毎日エネルギーワークかけてて、より覚醒しているからというのもあるけど )

 

仕事は大変そうだけど、別の世界を持つことでリセットできるみたいだ。

 

それでなぜ「中年の危機」というネーミングなんだろうって考えていた。

中年は中年なので、それはおいといて・・・

 

あまりにも本来の自分から、かけ離れた生き方だと

全てがリセット、破壊と再生が起こるので

確かに危機とは言えるとは思う。

 

ただそのおかげで目覚めて、

例えば、仕事ばっかりで家族を顧みなかった人が

家族を大切にするようになったり

 

ボロボロになるまで働いていたのが

自分の心や身体を大切にする生き方になったり

本当に望んでいた人生に踏み出すという恩恵が強い。

 

危機というより、目覚めっていう方が私にはしっくりくるなあって思う。

また新たに生きなおすような

生きながらにして生まれ変わるような感じ。

 

それで「危機」だって思うのって

もしかして本人より、周りなんじゃないかと

それまでの生き方が変わっちゃうわけで

 

もしも・・・

突然、仕事を変えたいと言いだしたりしたら

奥さんはえー!!危機だ!!と当然なるだろうし。

 

文句も言わず、馬車馬のように働いていた社員が

早く帰るようになって、ちゃんと休むようになったら

周りが自分の仕事が増えるかも!危機だ!!ってなるだろう。

 

でもそれぞれが自分の責任で

やることやっていたら、ちゃんと周るはずで

危機だ!!ってなるのは、どこかに無理があったからなんだろう。

 

その本来の自分を生きるという姿を見て

周りも何か刺激を受けるんだと思う。

 

まあ中年の危機は、その人にとって一番効くことがおこるから

何がどうなるっては言えないけれど

本当に目覚めの時でもある。

 

大天体がいざなう、どうにもならない流れの中で

自分の人生を生きる覚悟を決める。

 

だけど覚悟を決めきれないで、ずるずるしちゃう場合は

悩み過ぎて鬱になったりとか

不倫とかギャンブルとか

泥沼に足を突っ込むこともあったり・・・。

 

最終的にはどこかで気づいて、修正が働くのだろうけど

泥沼に入るより、最初からえいっ!!て覚悟決めた方が、スムーズじゃないかなと個人的には思う。

 

とはいえ、回り道してもいつかは絶対たどり着くのだから

それはそれで良しなのだろうけど・・・。

結局は最後になってみないとわからない。

どんな経験も貴重だし、他人がとやかく言うことでもない。

 

ただどこかでちゃんと覚悟を決めるって大事とは思う。

 

中年の危機ではなくても、今は土星が山羊座、木星がさそり座だから

似たような時期でもあるなあって感じる。

 

自分にとっての本物が残っていく時

木星さそり座時代の仕上げの時でもある。

 

本物って誰かが決めるものじゃなくて

自分が決めるもの。

 

山羊座の土星で、余分なものをそぎ落とし

新たなルールも作られていく。

 

そのためのリセットや破壊と再生があるかもしれないけど

それはどこか自分自身ではなかったのかもしれない。

無理があったのかもしれない。

 

より自分にとっての本物に、気付くための大事な破壊。

もっと身軽になっちゃおう!

10月の星の流れ 金星の逆行と冥王星

9日の天秤座新月に向けて、今は欠けていく月の時です。
逆行を終了した冥王星は現在は留の状態
9日くらいから順行で動き出します。

なので9日からまたいろいろ動き出しそうですね。

約5ヶ月間続いた冥王星の逆行期間は、振り返ってみましたでしょうか?
私は5ヶ月どころか、20年くらい振り返っちゃって
そのおかげで大事なことを発見しました。
またこれは別でシェアしたいと思います。

冥王星が留の時、今までバラバラになっていた出来事や、思い、自分自身がまたひとつにまとまっていくようでもあります。

そして冥王星を支配星に持つ、さそり座の領域では
6日から金星が逆行を開始します。

さそり座の領域の総仕上げに入るといった模様です。
さそり座に天体を持つ人だけでなく
全ての人にさそり座の領域があります。

昨年の10月から木星がさそり座にいることで、私たちの小宇宙にあるさそり座の領域にスポットライトが当たっていたようなイメージです。

さそり座はサナギから蝶に変態するように、根本から変容して魂の生き方へ、より自由に開放されたところへ進みます。

ただ自由になっていくまでが、洗いざらい見たくないもの全て全部出し
深く潜っていくので、闇に光を当てていくようでもあります。

また他者とも深く関わり、融合しまた新たな自分に生まれ変わるという、心の奥をゴリゴリするような感覚も味わいます。

6日からの金星の逆行期間、11月16日まで続きますが
人との関わりの中で、またあぶり出される自分の思いや
新たな自分を発見したりとあるかもしれません。

本当はこうしたかった!
もっと愛されたかった!
など奥にある自分の思いに気付いていく時なのかもしれません。

金星は常に火星とセットで動きます。
やりたいことをやってない(火星を使ってない)
ちゃんとNOが言えないとなると
自分への信頼が失われていきます。

やりたいことやってる人を見て、嫉妬したりなんてことにも。
嫉妬しているって、それをやりたいからですものね。
それを教えてくれる大事な感情でもあります。

自分の奥にある思いを感じたら、ぜひ行動に移してみてくださいね。
それは自分への信頼の積み重ねとなります。

たまに自信がないからできないという言葉を聞きますが
火星を使ってなくて、行動しないから自信がないと感じてしまいます。

金星は生きる喜び、表現
ワクワクを感じて生きる

これは浅いちょっとしたワクワクではなくて
1000%くらいテンション上がっちゃうような
全身でトキメキを感じるような
いのちいっぱいに感動しちゃうようなワクワク

これはやっぱり考えていてもわからないし
実際に行動して体験するからこそわかる。

9日くらいからいろいろ動きだすので
それに乗って、ワクワクをいっぱい体験してみてはいかがでしょうか

ちなみに私も明後日は、考えるだけで超テンション上がりまくりなところへ行ってきます。
またそれはレポしますね!

冥王星の逆行終了~どこまでも広がる可能性

今日の10時過ぎに、冥王星は逆行を終了
9日くらいからゆっくりと動き出します。

逆行期間の約5ヶ月間、いかがでしたでしょうか?
冥王星は魂がこの地球にやってきた時に、通過するゲートみたいなところ。

この地球に生まれる時の、魂の目的、願い
それを達成するための課題
それらをまた思いだし、この地球で実現していくこと

スピリチュアルと現実をわけるのではなく
スピリチュアルな生き方を現実にしていくこと

それを実践していくような逆行期間だったのではないでしょうか。

魂の願いって、かけ離れているように思えるかもですが
この日常で感じること
大好きな人と笑い合って、一緒に過ごすとか
できなかったことができるようになった喜びとか
大切な人に喜んでほしくて、何か考えている時とか
ささいなことの中にあるのだと思います。

特別な力や能力を欲しがったり、それで人を支配したり、憧れたりするのがスピリチュアルではなく
生活、暮らしの全てに愛が宿っていることが、スピリチュアルなのだと思います。

冥王星は、全てが愛であることを教えてくれる天体だと感じます。

さて、今回冥王星が逆行で戻っていったのは、山羊座の19度の位置
サビアンシンボルは「大きな買い物袋を下げた5歳児の子供」です。

心の中で想像したもの、それは今の自分には無理かもしれないけれど、その可能性を信じカタチにしていくために現実的に動いていくこと
今までの器から、もっと大きな器をつくっていくチャレンジでもあります。

どこまでも想像を広げてみて
それを思うことができるのは
すでに自分の中に実現できる種があるはずだから
実現していける資質は、ちゃんと選んできたはずだから
自分の中にある可能性を信じて
現実化にむけて動いていきましょう。

明日2日は蟹座で下弦の月ですね。
蟹座は宇宙の基盤の位置にあります。

自分の中の心の基盤
それは何でできているでしょうか?
大切にしたい思い
それだけは譲れない大事な気持ち

もっともっと純粋でシンプルな思い
そこに光を当てていきましょう。

また自分の今身を置いている環境も大切ですね。
環境による影響って、思っている以上に大きいです。
そこは自分が自分らしくいられる場所でしょうか?

環境も自分にとって最善であるよう、整えていくことも大切ですね。

できることからコツコツと♪
コツコツって、自分がガマンしてやりたくないことをやることではなくて
自分が望む環境に向けて、整えていくことですもんね。