銀河教室

覚醒メモ②~質的転換

前回の覚醒メモ①の続きです。

魂が身体という社(やしろ)に納まったといえども
それをしっかり定着させ、括り付ける必要はありました。
これでやめてしまったら、快苦、ポジティブとネガティブで揺れ動く二元の世界へと、後退するであろうことは感じていました。
自分がバラバラな状態に「もう二度と戻りたくない」という気持ちも強かったのです。

何度も何度も站椿により、こころと身体を揃え
自身を内観していく作業は、一見地味で辛い修行に感じるかもしれません。
しかしこのプロセスでの確かな成長を味わい、「結果的に」多くの収穫がありました。
(このあたりは今までブログに書いてきましたので割愛します)

今までの取り組みは、覚醒に至るまでの基礎を固めるようなものだったと思います。

それはエネルギーの量を増やし、質を高め、燃焼を良くし、
エネルギーの器である、身体を強くすることでした。
やっと質的転換というのは、こういうことだったのか!という感じです。

私はスピリチュアルにどっぷりだったころ、覚醒すること、無になること、サイキック的な能力をのばすことを目的としていたんですよね。
まあ「欲」ってやつですよね。
その欲には、いろんなものが吸い寄せられてきますからね。
そして、エネルギー枯渇状態に陥ったわけです。

この2年半あまりの私のプロセスは、「安全に」覚醒にいたるものであると思います。
そして、誰にでもできることです。(意志さえあれば)
特に覚醒を欲していたわけではなく、ただ集中して取り組んでいたら「結果的に」なったものです。
妄想の入り込む余地のない、現実的に体感が強く伴うものです。

あれだけ怖がりシャットアウトしていた、スピリチュアルの世界はもう大丈夫です。
魂がどっかりと自分の中心にあるから。
しっかりと大地と接続されているから。
自分の目で判断できるから。

闇の部分を見てきたし経験もしましたが、何にでも光と闇の部分はあるものです。
良い悪いもないと、今では思います。
違いを分かったうえで、自分が選択し活かしていくかが大切なんですよね。

そして大事なことは、他者から、どこか崇高な存在から、もらった答えではないということ
全て自分の中から気付き、発見し、答えを得たものであることです。
そこには、師匠の指導があったからこそです。
一人では到達はできなかったと感じています。

私が途中で立ち止まってしまいそうな時は励まし
ひとつ階段を上がる頃には、次の方向を示し
私が自分で気付き、発見をするまで、辛抱強く見守り
新たな気付きがあった時は、共に喜んでくれる
そんな存在である師匠。

私もそういった導き手になりたいと、目指すところであります。

人によっては厳しいと感じるかもしれません。
無条件の愛は、時には厳しいものです。

世の中には、こちらが喜びそうなことを言い、責任のない答えらしきものを与えて、人気を得ようとする指導者まがいな存在もいます。(←いきなり辛口笑)
まあそれも、進化のないところの依存関係で、仲良しごっこをするのも良いでしょう。
私はそちらは選択しないだけです。
その場しのぎの喜びより、魂の喜びの方を選びたいですものね。

ちょっと話がずれましたが、一人では覚醒には至らなかったということですね。
ようやく戻ることのない地点にたどり着きました。
また覚醒したからこれで終わりではなく、ここから私の本番が始まるのだろうと感じています。
螺旋のように上昇していくものですからね。

そして、脳の体感に伴って、もうひとつあります。
それは、見える世界が変わったことです。
視界が変わっちゃいました。

それについてはまた続きます。

 

Vital Energy Body Work 山下道場
https://vital-energy.themedia.jp/

 

お知らせ