銀河教室

天秤座木星入りを機に天秤を手放しました

前回の覚醒メモ③の中で書いた、見える世界が変わった話。
私以前は、一点集中して世界を見ていたんですよね。
それって結局、世界を切り取りバラバラに見ていたことですよね。

そして、全体がそのまま見えるようになりました。
これは分離の世界観から、全体性の世界観へ移ったことということです。
これは観の目と言うそうですね。
相手が行動に移す前に、それを感じとる➾結果でなくて、状態(原因)を見ているのだと思います。

現実的に見え方が変わると、こころのあり方も変わります。
站椿(たんとう)における目線の使い方で、「ジャッジをしない事実をそのままに見る」俯瞰目線を育てるというものがあります。
まさにこの状態となっています。
ジャッジをしないこと、これはこの2年半でかなり変わってきていたのですが、そうであろうとしていたんです。

そうであろうとすること
そうである
これはかなり違いますね。

またこれにより平和な気持ちが、勝手に(笑)出てきちゃっているのですが
平和であろうとすること
平和である
これも違いますね。

「そうであろう」とすることは、悪いことではありませんが
「そうでなければならない」となり、苦しくなることもありますね。
状態、あり方(原因)により、結果は勝手にやってくるものです

それで、ジャッジをしないからといって、なんでもOKとは違うんですね。
区別はします。
違うことを非難するのでなく、違うことを受けとめるといった感じです。
はい、天秤を手放したようです。

これにより、感情が動かないかといったら、ばっちり動きます。
いや以前よりストレートに感じてしまいますね。
今まで思っていたよりも、感情に蓋をしていたようです。
どんな感情が出てきても、そこにジャッジが入らないということですね。

そしてこれは、先日の魚座の満月と、今の水星逆行中の作用かもしれませんが
その感情が動いたことから、その元のこころの傷にたどり着いていくのです。
(あえてトラウマという言葉は使いません)

それは子供の頃の記憶です。
ああ私この時のこれで傷ついて、こういう反応を自動でするようになっていたんだなと
自分のこころのクセ、それによる反応や行動のクセに気が付いています。

浄化と修復作用が働いていて、これによりまた生まれ直しをしているみたいです。

これは辛い作業ではなく、あったかい気持ちで取り組んでいます。
なんだろうね。
傷ついたことも結局は、愛なんだなって思っちゃうのです。
きっとどんな感情も、元は愛から派生しているのでしょうね。

「愛されたい」
「愛したい」
そんな想いなのでしょうね。

この浄化と修復作用は、22日まで続きそうです。
22日は秋分の日。
昼夜の差がほぼ等しくなり
太陽は天秤座入りをし、水星は順行に戻ります。

天秤を手放すこと
この一年間、木星が天秤座に滞在中は、大切なことかもしれません。
相手と何か(お金とか期待とか)を測っていたら、いろいろ大変なことになります。
自分の期待通りに応えてくれる相手など、妄想以外に存在しませんからね。

違いがあるから、予想外な化学反応が起こって楽しいです。
さてこの先、化学反応から何が生まれるのでしょうか。

 

●Vital Energy Body Work一般講習会
9月24日(土) 13:00~16:00
長野県伊那市  カクイチショールーム伊那店
●「食とボディーワーク」
 10月29日(土)、30日(日)
いのちの力を体感
五感を開き高め、山の恵みを食す!
縄文コミュニティの風を感じる。
毎回、大好評の信州鹿ジビエと合宿フィールドワーク。
この感動は、忘れられないと思う。
●天空と響き合う「星空ボディーワーク」は満席、キャンセル待ちで受付け中です。
http://ameblo.jp/nanairo2173/entry-12193015912.html
Vital Energy Body Work山下道場
https://vital-energy.themedia.jp/
お問い合わせは
電話 090-7426-4803
メール info@koshizu.com
お気軽にどうぞ♪

 

お知らせ