銀河教室

熊野でインスパイアされたもの

ルミナさんの熊野合宿に参加してきました。
ちょうど9月9日の木星天秤座入り
蘇りの地、熊野をめぐり多くのことを受けとりました。
まずそのうちのひとつです。
 
熊野倶楽部の三石さんのご案内で
とてもディープな熊野を見せていただきました。
三石さんは、たった一人で15年もかけて
一日2メートルずつ、熊野古道を整備されたそう。
 
それだけの時をかけること
その思いの強さを感じた。
その情熱を燃やし続ける力。
 
その思いが行動が、世界遺産登録への道に、繋がったんだね。
 
 
おりしも10日は土星と海王星の
90度がぴったりになる日。
海王星は思いの力
愛をあふれさせる力。
そして土星は時をかけて現実にする力。
 
それを体現している方に出会った。
ありがたいことです。
 
私も燃やし続けていこう。
 
そして、熊野を愛していることを
三石さんだけじゃなく、土地の方から感じた。
 
そうか、土地って住んでいる人の愛で、できているんだね。
熊野だけじゃなくて、この地球のどこでも。
ずっとずっと昔に住んでいた人たち
その土地を愛する思いが、積み重なって今の地球を作っているんだよね。
 
古代から現代まで、愛の積み重ねを感じました。
14291704_1128401760584013_5319950515908693450_n