銀河教室

自分の人生を生きる

16-07-27-16-59-13-468_deco

昨日の続きです。

昨日の記事>>私が人と話さなかった頃

結局のところ、何が良かったかというと
全部が良かったのだと今は思います。
何ひとつ欠けても、今の私ではなかった。

ひとつ大きなことは、「自分の人生を生きる」と決めたこと。
決めたことは、後の全ての選択、結果に影響していきました。
結果って意志で決まるんですね。

生きると決めたのは2014年の春先のことでした。
ちょうど私はエネルギー枯渇状態となり
いったん全てを手放し、お休み期間に入ったのでした。

その時に今まで自分からも、生きることからも逃げていたことに気付いたのでした。
だからエネルギー枯渇状態になっちゃったんですよね。
どこか死んだように生きていた。
自分がバラバラだったのです。

でもね、「そうである」状態を知るには
「そうでない」状態も経験する必要があった。
今では必要な経験だったと思えます。

自分の人生を生きると決めて、まず何をしたかというと
・身体の状態をなんとかすること
・嫌なことはしない
の二つでした。

身体を強くすること、エネルギー量を増やすことを決め
ずっと習っていたVital Energy Body Workを、真剣に取り組み始めました。
それまでは、なんとなくやっていました←だから変化しなかった。

あとは、嫌なことはしないと決めたこと。
だから、愛想笑いはしなくなりました。
嫌われたくないから、とりあえず笑ってたんだよね。
これは疲れるから、やめました。

付き合いで行っていたものは、行かなくなりました。
行きたくないなら、行かない。
行きたいから、行く。
話したくない時は話さない。
話したいなら、話す。
シンプルにしました。

その後直感で参加した、ビジョンクリエイション占星術初級セミナー
私が星の世界へどっぷりと浸かる、きっかけとなったものですが
占星術の勉強というより、そこで自分の価値を実感できたこと
そしてひとりひとりが、特別な存在であることを知ったのでした。

その後、このセミナーで教わったワークを、繰り返し友人としていました。
そこで、どんな自分でもOKだと受け入れることができ
素直に自分を出して良いんだと思えたのでした。

結局のところ、一番の悩みとしては孤独で
人とうまく関われず、コミュニケーションが苦手
というところだったのですが
結果的に、いつの間にか気にならなくなりました。
悩みが悩みでなくなっていました。

冒頭にも書きましたが、「自分の人生を生きる」と決めたこと
これが全ての始まりだった。
それは人任せにしない、自分の考えで行動することへのシフトでした。

何よりこの2年半で得たものは、自分への信頼。
生きると決めたこと→行動をしていったこと
これは意志と行動を揃えること
だから信頼貯金が積まれていったのですね。

他者とのコミュニケーションがどうこうより
まずは自分とのパートナーシップだったんだよね。

全てが思い通りに進むってわけじゃないし
たまにがっかりタイムな時だってある。
だけど、自分が自分の素晴らしいパートナーであれば
きっと大丈夫って思えるんだよ。

 

お知らせ