銀河教室

宇宙の真ん中にいることを感じてみる

5月5日の立夏まで、土用の期間ですね。

そして水星は逆行中で、4日に順行に戻ります。

3日は獅子座で上弦の月です。

 

このGWは、物事をどんどん進めるというよりは

ちょっと立ち止まって、点検する

過去を振り返って、宝物を見つける

うまくいってなかったことを、やり方を変える

またはやめてみたり、保留にする

ということに適している時期なのだと思います。

 

また身体も心にも栄養を与えて、養う時でもありますね。

土用の時期は、消化器系~胃と脾のエネルギーの流れを調整する時です。

脾は消化吸収だけでなく、食べ物から得た身体に必要なもの、エネルギーを身体中に配ります。

 

脾は感情では、思い悩み、心配症などに相当します。

悩み過ぎて、悪いほうに考えすぎて、前に進めないなんてなりがちです。

 

脾が疲れていると、妙に甘いものが食べたくなるようですね。

白砂糖系のケーキやチョコ、アイスなどは、ますます脾を疲れさせちゃいます。

野菜などに含まれる、自然の甘味は脾を元気にしてくれます。

 

特に地の野菜は、その土地で生きていく知恵やエネルギーがつまっています。

その野菜の自然な甘みを感じながら、よく噛んでいただくことは、身体も心にも栄養になります。

 脾が元気になると、自然と前向きな気持ちになります。

さらに身体中にエネルギーがみなぎっていきます。

今は新緑が美しい季節、太陽が牡牛座シーズンですから
外で思いっきり身体を動かし、鳥のさえずりや小川のせせらぎを聞いたり
森の中で気持ち良く深呼吸したりと、身体の感覚を呼び覚まし、
この身体で得る喜びを、十分に楽しむのにピッタリですね。

ちょっと立ち止まってみる
その時にこそ味わえるものってありますね。

自然の中で、宇宙の真ん中にいることを感じてみるのも良いですね。
土用は宇宙を構成するエレメントである、五行の中心でもあります。
この時期を大切に過ごすことで、自分は宇宙、自然の一部であること
そして共にあることを感じられるのでしょうね。

だからこそ、さらなるインスピレーションが豊かに湧いてくるのだと思います。