銀河教室

立夏、水星逆行から順行へ~光も闇も全部の私で

土用明け、本日5日は立夏、夏のシーズンへと入りました。
そして水星は昨日、逆行から順行へ転じました。

土用の期間でもあり、水星逆行の期間でもあった4月半ばから
身体と心を養いながら、少し過去を振り返ったり
見直しをしたり、改善したりなど少し立ち止まる時でした。
そこから、また少しずつ動き始める頃ですね。

それを祝福するように、今夜から出現する水瓶座η流星群が、7日の明け方に極大です。

月は11日さそり座の領域での満月に向けて、満ちていく時です。

さそり座の月、おうし座の太陽が向かい合う満月の状態
さそり座とおうし座のラインは、生命の強さ輝きを感じます。

「生きる」よりもっと「生き抜く」といった方がぴったりきます。
地球の核で燃えるマグマのように、根源的な生命の力
それは光も闇も全て抱えどんな状況だろうと、それでも生きていく
大地に力強く立つ、意志の強さでもあります。

きっと光の部分だけでは、前に進めないのかもしれません。
自分の中の闇を見ないようにしたり、切り捨てたりしていたのでは
自分の人生を歩めないのだと思います。

だからこそ、水星逆行や土用期間である4月のように、少し立ち止まり
自分の中の弱さ、未熟な私と向き合い
事実をそのまま受け止める
そしてそんな自分でもOkを出せる
そういった時期も必要なのでしょうね。

そんな時だからこそ、人のやさしさが身に沁みたり
一緒にいてくれる人、分かち合う存在がいることを
とてもありがたく思えたりするんですよね。

今現在関わっている人、過去に関わった人、さらに先祖にいたるまで
たくさんの人との関わりで、生きていること
本当に一人ぼっちになることはないんだと
そこに気付いた時、とてもありがたい気持ちになります。

さそり座もおうし座も、こうと決めたら何がなんでも進んでいく強さを持ちます。
全然ダメじゃんっな、ブラックな自分も共に
全身全霊で生きていく意思の強さですね。

どんな自分でもまるっと受け止めて、抱きしめて
どの自分も全員参加して統合し、また立ちあがっていく
そのたびに、またバージョンアップした私でいけるのでしょうね。

 

お知らせ