銀河教室

牡牛座新月に思うこと

本日26日21時過ぎに、牡牛座の領域で新月となります。

●●座で新月とか満月とか、どういうことかというと
私たちが住む地上では、方角を確認する時に東西南北を使います。
私たちが住む地球から、宇宙の方角を確認するのに
占星術的に12星座を使います。

地球が真ん中で、その周囲をぐるっと12個の星座のお部屋(領域)があり
惑星がそれぞれのスピードで動いている、といったイメージになります。

ちなみに実際の星座とは違います。
空間とか領域と考えていただくと良いと思います。
占星術では星座ではなく、サインといいいます。
(私は星座と言ってますが)

それぞれの星座の領域ごとに、性質が違ってきます。
よく学校のクラスごとで、優等生っぽいとか元気いっぱいとか、雰囲気が違うのと似ていますね。

先日「星って動くんですか!?」とビックリされた方がいらっしゃいました。
全ての星は動いています。
恒星である太陽さえも、銀河全体の中では動いています。

銀河だって移動してますものね。
いつか私たちの所属する天の川銀河と、アンドロメダ銀河が衝突する時、どのようになるのかワクワクします。
まあ40億年先なので、見れませんが。

ちょっと脱線しましたが、今回の新月は地球から見て、牡牛座の方角であるということです。
なので、牡牛座の要素を持った新月になります。

牡牛座については、昨日の記事でも書きましたが
「自分の欲の取り扱い」というのも、ひとつのテーマとしてあります。

ここから先は個人的な話になりますが
私の妹は太陽が牡牛座です。

自分の欲しいものにとても素直で、しかもそこに向かっていくバイタリティーはスゴイです。
絶対に手に入れる、実際に手に入れる
現実化のエネルギーがあります。

そして私は太陽が水瓶座です。

自分の地上生活での欲求に、自分では気が付かないのか?
現実面での欲に対して、考えるのも苦手だし
欲しいものは?と聞かれても、よくわからないのです。
(地上生活という言葉は、水瓶座的視点です)

それで自分は後回しにしてしまい、後になって寂しい気持ちで嘆くパターンが多かったですね。
今でも自分後回しは、たまにやっちゃいます。
(ただ水瓶座って目立つところがあるので、そのように見られないけど 笑)

牡牛座新月のエネルギーの今日、妹をお手本に自分の欲に素直になってみる
ということをしようと思います。

ところで、星座は3つの行動パターンである、クオリティに分かれています。
同じクオリティーのエッセンスも取り込んで、自分の持つ星座の領域が輝いていきます。

クオリティは以下のようになります。
・活動宮 牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座
・不動宮 牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座
・柔軟宮 双子座 乙女座、射手座、魚座

なので私の場合、水瓶座(風)の太陽が輝くためには
同じ不動宮の牡牛座(地)、獅子座(火)、蠍座(水)のエッセンスが必要なんですね。
ただそれぞれ火地風水と元素が違うので、すんなりとはいきません。
どちらかというと苦手な分野ともいえます。

しかし、エネルギーは矛盾する力があるからこそ、安定かつ力強い力を発揮します。
相反する、矛盾する力も取り込み、自分の魂を磨いていくのですよね。

苦手と感じるところにこそ、新たに道を開くもの、宝物があるのでしょうね。

ということで、個人的に苦手な欲というものに、向きあってみようかと思います。