宇宙の響きとこころのリズム

こころのリズムを調える、260日周期のツォルキン
今日は最終日の260日め、kin260 宇宙の黄色い太陽の日。

また明日から新しいスピンが始まりますね!

私は13の月の暦の手帳を使ってますが、この手帳によると
「ツォルキンは心の時間(四次元の時間)とも呼ばれます。
これを意識することで、直観が冴え、閃きや気づきが増え、シンクロニシティーがたくさん起こり始めます。」
と書かれています。

こころ(内側)と外側との響きを感じながら、260周期ごと螺旋のように進化上昇する、こころの成長リズムのように感じます。

占星術的にこころは月になります。
月の満ち欠けやリズムにも、こころは影響されます。
また自分の持つ月のエネルギーと、今現在運行中の星との響き合いにも影響を受けます。
それだけではなく、こういったツォルキンのリズムもあり、多次元的に関わっているのですよね。
宇宙のいろんな響きがあって面白いですね。

その響きあいの中で、私たちのこころが揺れたりバランスをとったりしながら
磨かれて成長していくのでしょうね。

グレゴリオ暦では、2016年9月6日から本日5月23日までの、260日を振り返ってみると良いですね♪
どんな成長や進化があったでしょうか?

 

ここからは個人的な振り返りの話になりますが
昨年の9月6日は、木星が天秤座入り直前ということで、星のお話会をしてましたね。
その2日後にルミナさんの熊野合宿に参加しました。
ちょうど木星天秤座入りは、熊野で過ごしたのでした。

この熊野がきっかけで、その後に松果体の変容があったのでした。
それまで頑なに閉じていた、スピリチュアル的な体感が続いたので
これは、妄想ではなく現実なんだなと受け入れざるを得ない、この260日だったようです。

目に見えない世界ってあるんだよって、観念したという感じです(笑)
ただそこに捉われすぎず、あるものはあると否定はしないというところです。
ちょっとそれまで、頑なに拒否してましたから(笑)それもバランスがおかしいですものね。

と、書いていて思いだしたのですが、熊野合宿の最後にルミナさんが
「ここからが始まりです。今はまだわからないかもしれないけれど
後で振り返ると、この熊野からだったとわかると思います」
といったようなことを、おっしゃってました。

確かに始まりでしたね。
そしてその後、淡路島、沼島、鹿島、奈良と山下道場の合宿フィールドワークに参加し、それぞれの大きな体感からの気づきがありました。

福岡でフラワーオブライフ講座、占星術講座
広島で星座ボディーワークと県外でもお仕事をさせていただき
それまでと違い、けっこう移動が多かった時期でもありました。
わりと外に出るのが怖かったんですが、出ることに対して怖さがなくなった時期でもあります。

こころのリズムでいうと、けっこうふり幅が大きかったように思います。
ふり幅が大きかった分、そこからバランスの良いところに持っていくたびに、こころが成長したと思います。
いつでも穏やかな状態でいることは、生きている限り難しいですものね。

こころが大きく揺れたとしても、自分のバランスの良い状態に戻っていく過程で、たくさんの宝物を見つけるのでしょうね。

明日からの新たな260日スピン、またどのようなリズムや響きを味わうのでしょうか?

そしてこの260日の最終日の今日、私は味噌を仕込みます。
発酵パワー♪

 

 

お知らせ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宇宙の真ん中にいることを感じてみる

5月5日の立夏まで、土用の期間ですね。

そして水星は逆行中で、4日に順行に戻ります。

3日は獅子座で上弦の月です。

 

このGWは、物事をどんどん進めるというよりは

ちょっと立ち止まって、点検する

過去を振り返って、宝物を見つける

うまくいってなかったことを、やり方を変える

またはやめてみたり、保留にする

ということに適している時期なのだと思います。

 

また身体も心にも栄養を与えて、養う時でもありますね。

土用の時期は、消化器系~胃と脾のエネルギーの流れを調整する時です。

脾は消化吸収だけでなく、食べ物から得た身体に必要なもの、エネルギーを身体中に配ります。

 

脾は感情では、思い悩み、心配症などに相当します。

悩み過ぎて、悪いほうに考えすぎて、前に進めないなんてなりがちです。

 

脾が疲れていると、妙に甘いものが食べたくなるようですね。

白砂糖系のケーキやチョコ、アイスなどは、ますます脾を疲れさせちゃいます。

野菜などに含まれる、自然の甘味は脾を元気にしてくれます。

 

特に地の野菜は、その土地で生きていく知恵やエネルギーがつまっています。

その野菜の自然な甘みを感じながら、よく噛んでいただくことは、身体も心にも栄養になります。

 脾が元気になると、自然と前向きな気持ちになります。

さらに身体中にエネルギーがみなぎっていきます。

今は新緑が美しい季節、太陽が牡牛座シーズンですから
外で思いっきり身体を動かし、鳥のさえずりや小川のせせらぎを聞いたり
森の中で気持ち良く深呼吸したりと、身体の感覚を呼び覚まし、
この身体で得る喜びを、十分に楽しむのにピッタリですね。

ちょっと立ち止まってみる
その時にこそ味わえるものってありますね。

自然の中で、宇宙の真ん中にいることを感じてみるのも良いですね。
土用は宇宙を構成するエレメントである、五行の中心でもあります。
この時期を大切に過ごすことで、自分は宇宙、自然の一部であること
そして共にあることを感じられるのでしょうね。

だからこそ、さらなるインスピレーションが豊かに湧いてくるのだと思います。