コミュニケーションに大切な水星の能力と逆行について

水星が今年最後の逆行を終え、残る逆行の惑星は天王星。
一年のうちほとんどが、何かしらの天体が逆行しています。
全惑星の順行期間は、いつも短いのです。
(2019年はわりと長いけど)

逆行する期間がこれだけあるのは
歩んできた道をまた振り返りつつ
その道のりで得たことに感謝したり
大切なことを確認したりと
前に進むばかりではなく
自分の中に落とし込む作業も大切なんだと感じます。

ところで水星逆行って、通信機器や交通の乱れとか、聞きまつがいなどコミュニケーションの乱れに注意と、お聞きになったこともあるかと思います。

私は正直、気にしていないのですが、実際どうなんでしょう??
水星逆行の期間でなくても、こういったことって起こっていると思うのです。

ただ逆行だからと気を付けていると、そこにフォーカスすることになりますよね。
自分が意識を向けていることは現実化します。
普段よくあることでも、意識を向けていることで、たくさん起こっているようにも見えます。

何かあると水星逆行だからやっぱりね!ってなるのは、当然なのかなとは思います。
上記はあくまで私の世界観での考えですが・・・
もちろん水星逆行は気をつけなければ!というのも、それぞれの自由だと思います。

それで水星逆行では、どこに私が意識を向けているかというと

まず水星の司るものは、スキルや技術ですね。
あと学習やコミュニケーションです。

私たち全員に水星のエネルギーはあります。

自分の人生の目的や、夢や願いなど達成するために、水星はどんなスキルや技術がいるのか?
またそのためにはどんな学びをすればいいか?
さらにその分野の情報収集をします。

なので逆行期間は、自分のすでにあるスキルを、どう活かせばよいか?
またこれからのためにどんな技術を身に着けたり、磨いたりすればよいか?
見直しの時期でもあるのでしょう。

さらにコミュニケーションですね。
水星のコミュニケーションは、金星のやり方と違います。
自分の考えを伝える能力でもあります。

そして私が水星の中で、最も大切だと感じるのが
相手が話していることで、本当は何を伝えたいのか?
表面だけ捉えるんじゃなくて、その奥にある思いや意思、考えを推し量ることなんだと思うのです。

もちろん他者の気持ちを全部わかることは、たぶん仏陀やキリストくらいでないと無理ですよね。
例えば大変な思いをしたり、悲しみや痛みのその大きさは、本人になってみないと本当の意味ではわからないです。

でも、その大変さ痛み、そして何を伝えたいのか?
それを汲み取ること、相手の立場を考えて物事を進めることは、それぞれの中にある水星の能力をいかに使うかですね。

この人はこうだ!と、レッテルを貼ってそれで見てしまうことはあるし
きっとこの人はこういうだろうと、前提で話してしまうことってけっこうあります。
空気を読んで~が、読み間違いだったりとかね。
相手が何を伝えたいのか、言葉での確認は大切ですものね。

水星逆行の時、もしコミュニケーションの行き違いがあったなら、自分の中で何か人に対して、思いこみで動いてなかったか?振り返る良い機会でもありますね。

また自分の考えを、きちんと相手に伝えられていたのか?ということも大切ですね。

水星逆行期間は11月17日~12月7日でした。
この期間、あらためて私も振り返ってみようと思います。

ところで2019年の水星逆行は3回あります。
3月6日~3月28日
7月8日~8月1日
11月1日~11月21日

そういえば、2019年は火星と金星の逆行はないのね。

 

 

「赤い宇宙の月の年」と水星逆行

本日7月26日は13の月の暦では、新しい一年のはじまりです。
(私は13の月の暦手帳は5冊目に突入しました)

この一年の地球での目的を見出す日。

今年は「赤い宇宙の月の年」
銀河の音は、存在、持ちこたえる、超える
太陽の紋章は、普遍的な水、清める、流れ

宇宙の中ではちっぽけな私だけど
今ここに確かに生きている実感と
大切なものは守りながらも
さらに今までの自分を超えていく

私でないものは、はずしながら
もっと純粋な私で生きる
そんな一年になるのかな。
(私の解釈ですが)

さて一年の始まりもありながら、今日は水星逆行の開始でもありますね。
獅子座の空間での水星逆行は、8月19日までです。

逆行期間は、少し振り返るような時
時の流れの中で置いてけぼりになったもの
忘れていた大切な何か
それに出会うような期間でもあります。

さらに獅子座の水星ですから、表現というところもありますね。

私が私であること
内にある情熱
誰に何を言われようと大好きなもの
もっと最高の私で表現していくこと

でもそれは1人で完結するものではなく
社会にどう繋がっていくのか
想像してみることがこの逆行期間は大切ですね。

どんな種を蒔いて、それがどう社会で芽をだすのだろう。

ここに目の前にあるもの、全てがたくさんの人の手によって存在しています。
例えば、お菓子ひとつでも
開発した人、製造した人、宣伝する人、梱包する人、運ぶ人、売る人、お菓子の袋を開けてくれた人
たくさんの人の手がありますものね。

私が表現したこと
それは今は届かなくても
いつかどこかで芽を出すかもしれない
誰かの心で光るのかもしれない
それがまた何かに繋がるのかもしれない

それがどうなるのかは、コントロールできないけれど
何がどうなるかはお楽しみ

だから表現しないって
ものすごくもったいないこと
自分でとめないことですね。

一人一人得意な表現方法は違うし
誰かのマネをしてもうまくいかないし
私が一番イエス!!って思えるもの
ぜひいろいろお試ししながら見つけてみましょうね。

冥王星の逆行期間、魂の目的を思いだす

本日、山羊座にある冥王星は留となり
ゆっくりと逆行に転じていきます。

冥王星の逆行期間は長いです。
今年の10月1日までですね。

この約5か月間で、数え度数で山羊座の22度から19度まで逆行していきます。

山羊座って全体的なイメージで「大人」な雰囲気ですよね。
社会で責任を持って目的を果たし、皆が信頼し合える場を創っていく。

今現在ある22度の位置は、受け継がれてきたものを大切にし
信頼をベースにし、組織やグループで長期の目線で取り組んでいくようなところ。

そこから19度までゆっくり戻ります。

19度のサビアンシンボルは
「大きな買い物袋を下げた5歳程度の子供」

その大きな買い物袋の中には、いっぱいの夢や可能性がつまっています。
いまだそれを実行できるほど成長はしていないけれど
それでも未来へビジョンを描き、挑戦していくのです。

そして冥王星は銀河への入り口でもあり、出口でもあります。
他の宇宙への接続点
私たちがこの太陽系に生まれる時に、魂が入ってきたところです。

この地球に生まれる時の、魂の目的
それを達成するための課題
それらをまた思いだし、この地球で実現していくこと

スピリチュアルと現実をわけるのではなく
スピリチュアルな生き方を現実にしていくこと
それを実践していく逆行期間なのでしょうね。

冥王星は魂の目的を、日常までダウンロードしていく働きもあります。
特別な力や能力を欲しがったり、それで人を支配したり、憧れたりするのがスピリチュアルではなく
生活、暮らしの全てに心が宿っていることが、スピリチュアルなのだと思います。

また本日は獅子座の空間で上弦の月です。
自分の受け入れていない、輝き、魅力を表現していくことを恐れない
というメッセージです。

嫌われたくなくて、目立ちたくなくて、押し込めてきた自分の輝き
より個性を発揮する時って、やっぱり怖かったりします。

私自身もそうなんですが、ネガティブな所や欠点はそうそう!って見れるのに
自分の素晴らしい所ほど、受け入れがたいんです。

「自分で自分のホロスコープを読めたら、自分のことがもっとわかるから読めたらいいですよね」という話がでました。

ホロスコープで自分を知ることは、魂の目的や課題を知ることになるので
より生きやすくなったり、勇気が出たりします。

ところがですね、私は他者にセッションしてもらう方が好きなんです。

確かにホロスコープは読めますが
自分で自分のを見ると、目に入ってないことがあるんです。

受け入れていない個性や魅力、可能性は自分の目に入らない
というか、いやいや自分がそんなに素晴らしいはずがないって打ち消しちゃうんですよ。

人のホロスコープは読めても、自分のはやっぱり難しいです。

太陽が牡牛座にあるこのシーズン、
不動宮の星座で、上弦、満月、下弦、新月となります。
獅子座、蠍座、水瓶座、牡牛座ですね。

不動宮は自分という資産を、他者に活用してもらうこと
そして一人で決めない、ちゃんと人に聞いたり相談するというテーマもあります。

自分でどうにもならない時は、さっさとあきらめて誰かに相談するって大事ですものね。

自分でできるところはしっかりやって、できないところはお願いする
できないことがあるって、そこは他の人が力を発揮できるところ
うまく噛み合って、世界はまわっていくんでしょうね。

だから自分の輝きを発揮していくことは、いつか誰かの助けになる
自分だけのためでなくて、やがてこの世界がより良く循環していくことにつながっていくのだと思います。