銀河教室

食べ物は薬だよ

昨日の記事の続きです。

とにかく甘いもの、特にチョコレートがやめられなかったのですが、

最近の私は、チョコレートをまったく食べていません。

甘いものは、甘酒や米飴など自然な甘味ばかりです。

チョコレートをやめようと思わなくても、自然にやめていました。

毎日の食事の食べ方を変えただけです。

まずご飯を主に食べるようになりました。

これは、雑穀ご飯にしたので、美味しくてたくさん食べるようになったから。

前はおかずいっぱい、ご飯少しだったのが、逆転しました。

そして、なぜか肉を食べたくなくなってしまった。

最近、雑穀料理を少しずつ取り入れてて、

ドライカレー、タコライス、麻婆豆腐、ハンバーグ

全て肉なしで雑穀で作っているのですが、

これがとても美味しいのです。

(夫は肉が入ってないことに、気づいていません)

そして、肉の臭いのが、どうも鼻につくようになってしまって、

肉料理をやりたくなくなってしまったのです。

朝は梅干と甘酒のみ。

お昼は納豆ごはん、またはソバ。

おやつに小さい雑穀おにぎり。

夕飯は好きなだけ食べる。

夕飯は好きなだけ食べる。

そんな感じで食事をするようになりました。

そして、身体が必要な食物が分かるようになってきました。

無性にこれが食べたい!という欲求が出てくるんですね。

最近はよもぎです。

浄血浄化作用があるそうですね。

素直に体が要求するものを食べるのが、きっと良いのでしょうね。

そして、うれしいおまけもついてきました。

朝、無理なく早起きできるようになってました。

以前は朝、身体が非常に重くて、起きるのに時間がかかっていたのですが、

スッキリと朝目覚めて起き上がるようになりました。

おかげで朝の運動や気功の時間がとれるようになり、

身体が強くなってきた感じがします。

それで、月経の話に戻るのですが、

低用量ピルをやめて、順調に排卵→月経が来るのか不安でした。

一週間ほど遅れて、月経がやってきたのですが、

びっくりするほど、頭痛やだるさがまるで無く、

出血量も大量でもなく、スムーズにやってきました。

出血量はまだまだ多いですが、2~3時間ほどの外出は可能なくらい。

今までの私の生活習慣が、身体に負担をかけていたんだろうなあ

と申し訳なく思いました。

そして、食事はこんなにも影響するのかとびっくりでした。

今まで私は、身体の不調があると、

身体がいろいろ邪魔していると勘違いしていました。

本当は身体が教えていてくれた、サインを送っていてくれていたのですね。

もっと自分の身体を信頼することが大事ですね。

血小板の数値が下がったのも、低用量ピルをやめるきっかけをくれたのですね。

きちんと自分の身体の声を聴いていきたいですね。

あとチョコレート中毒をやめたきっかけは、

食を変えたことと、もう一つ理由があると思うので、

続きはまた次回に書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です