銀河教室

自分のことは自分で守ること

すっかり冬模様で雪がチラホラ舞っています。

身近で風邪をひいている方が急増中。

しっかり温めて免疫力を高めていきたいですね。

今日も靴下増量して履いてます。

さて、今でこそ日の出前に起きて朝の気功ボディワークをして、

砂糖類は取らずに雑穀ご飯を食べるという、とても健全な生活をしておりますが、

以前は全く健全ではなかったのでした。

特に20代の頃は、全く身体に対してひどい扱いをしていました。

20代の中でも特にひどかったのが、フットセラピーのサロンで働いていた時です。

実は私、最初の就職先が役所で公務員でした。

でも自分の本当にやりたいことを仕事にしたいと思い、

人のためになること、人の身体のケアの仕事をしたいと、

役所を退職し(周りからは勿体ないと反対されましたが・・・)

勉強をしてサロンで働くようになりました。

正直、自分でも天職だったと思います。

来てくれたお客様はほぼ100%リピーターになってくれたし、

ほとんど宣伝していなかったにも関わらず、いつも予約でいっぱいでした。

当時はそういったセラピーが受けられる所は他に無かったですし、

女性専用だったのも良かったのだと思います。

しかし、私は大きな間違いをしてしまったのです。

仕事に没頭しすぎて身体を酷使してしまった。

休みもとらず、朝から深夜まで毎日働いて、食事もろくにせず睡眠も4時間程度。

そんなことを2年半続けて、ある日身体が動かなくなりました。

頭では起きようとするのですが、自分の意志で起き上がれなくなっていたのです。

私は少し休めば大丈夫だろうと思ってました。

だけどその間に、知らないうちに私は辞めることになっていたのです。

いきなり鼻先でドアをぴしゃりと閉められたよう。

私の言い分は何も信じてくれませんでした。

あの時の恐ろしい気持ちは今でも忘れられません。

私はこの先、いったい何をして生きていったら良いのだろう?

空っぽになっちゃいました。

ちょうど不景気な時期で、正社員で働く場もなく派遣で働きましたが、

何度も何度も派遣切りにあいました。

そのたびにやっぱりフットセラピーの仕事に戻ろうとしたのですが、

その仕事をすると魂が抜け出るかのような、ひどい疲れに襲われるようになりました。

きっと身体を酷使しすぎて、エネルギーが枯渇してしまったのでしょう。

その後も何度か別のヒーリングを習ったりして、試みてみましたが、

もうできないとわかりました。

一つの自分の才能で、人に喜びを与えることができるお仕事でしたが、

自分のやり方がまずかったので、残念ながらできなくなってしまいました。

あきらめるまでは、かなりの年月を要しましたが、

今は手放すことができて良かったと思えます。

手放すことができたから、今私には私にしかできないことがあるのだと思います。

今はちゃんと自分で自分の身体を整えようとしています。

まずは自分のことは自分で健康にしないと、

他人を癒そうなんて無理なんですよね。

そんな若かりし頃の物語、読んでくださってありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です