銀河教室

私が輝くと世界も輝く

前回書いた、小宇宙のお話の続きですが、

例えば小指をタンスの角にぶつけると

ちょーーー痛いショック!

痛いのは小指だけなのに、私という全体で痛みを感じる。

身体が小宇宙なのだから、

これが宇宙だとすると

私個人が痛みを感じると

宇宙という全体が痛みを感じる。

足のツボを押したり、足首回しをすると

私という全体で気持ち良さを感じる。

私という個人が喜びを感じると

宇宙という全体が喜びを感じる。

きっとミクロコスモスとマクロコスモスは、こういうことなんですよね。

全てが一つのいのちを生きている。

だから、皆が繋がっているってことなんだね。

一つが個別化されているように見えるだけで、

全体で見ると、皆同じなんだね。

個別化されたいのちが、一つでも輝けば、

同じいのちを生きている、皆が輝く。

だから皆それぞれが、自分の物語を生きることが大事。

人のためでなく、自分のための人生を生きることが、

結果的に人のためになっている。

そんな人生だと良いなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です