銀河教室

気持ちを分け合うこと

最近、お気に入り?と言ってよいのか、

気持ちをシェアする機会に恵まれている。

最初のきっかけは、アドラー心理学をベースとした勇気づけの勉強会に出席したことで、

正直勉強の内容は、もう知っているようなことばかりだったけど、

シェアをする時間がとても良かった。

相手の話を聞いて、自分のことも話す。

シンプルなことなんだけど、とても感情が浄化されていく感じがした。

人の話を聞くことで、皆違う考えを持っていたり、違う受けとり方があることを知ることができて、

人はそれぞれ違うのだということを知る。

そして、相手の話の中にも、自分を見つけることもできる。

違うけれど、同じなんだね。

そして、自分のことも話すことで、ごっちゃに散らかっていたものが、

キレイに片づけられる感じがする。

先月の占星術を使ったブランディングセミナーでも、

皆でシェアをする機会が設けられていて、

ここでも、基本の自分と出会い、そして皆の中にも同じエッセンスがあることも感じた。

先日のライブ後でも、シェアリングがあって、

考えて話すのではなく、今感じていることをそのまま話すということで、

とてもエネルギーは使ったけれど、今この瞬間の感じている自分を

味わうことができたと思う。

気持ちを分け合うこと、とても良いことですね。

そして、そんなことを思っていたら、自分の今までのことで

反省点もでてきた。

ここ二年くらい、隔月でブックトークの会をやってきたけれど、

今月はお休みしています。

参加されている方から「もう本なんて無くてもいいくらい、お茶会で良い」

という発言があって、あれ?これ違う方向にしてしまったかしらと思ったのです。

皆さんが一冊お気に入りの本を持って、紹介しあうという会ですが、

どうも仲良しおしゃべり大会になってしまった感。

私のオーガナイズ、コンセプトがブレブレだったせいだと思います。

きちんとその本から何を感じたか、それぞれが今感じていることを

飾ることなく真っ直ぐに話して、いろんな気づきが得られる。

そんな会を目指したかった。

ちょっと襟を正して、ブックトークの会をリニューアルしたいと思います。

次回は読書の秋に再開することを目指して、

きちんとやり方を考えようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です