銀河教室

枠組みの違いと優しさとバランスと

少し前にいろんな人の記事を読んでいて

とても感じたことは、一人一人の

ものの捉え方、枠組みは

人の数だけあるのだなということ。

 

同じ現象を見ても、視点や捉え方が違う。

私たちはひとつの命であるのに

(これは観念的でなく、化学的な意味で)

違うということが、世界の可能性が多様であることの

素晴らしさを感じます。

 

違うからこそ、伝え合い分かち合うことが

とても大事なんだよね。

違うからって、攻撃したり批判したりは悲しいこと。

批判しても、現実は変わらないもの。

(自分の品格が落ちるだけ 笑 )

 

ただ物事をジャッジせずに

起こっていることをそのまま見る。

この視点を育てることは

自分がどう行動すれば良いかの指針になる。

ちなみにこの視点を私は

ボディーワークで訓練中です。

 

そしてそれぞれの枠組みは

占星術が理解の助けになります。

どうして自分ってこうなんだろう?

心理学でも解明できない、感受性の部分が

ホロスコープで見ると、だからこうなのか!と

ストーンと理解できるんだよね。

 

そして同じホロスコープの人は

他にはいないということが

すごいことだなと思う。

 

約2万6000年経たないと

自分と同じホロスコープの持ち主は

現れないのです。

 

だから自分しか自分の人生を歩めないこと。

他の人も違ってそれで良いこと。

違うからこそ、分かち合い

響き合い、新しいものを受け取り

さらに他の人へ循環していく。

 

この世の中がそんな風になるのは

とても時間がかかるかもしれない。

でもね、一人一人が自分の周りの人たちと

そうやっていったら、自然と実現するんじゃないかな。

 

ところで、上の方で書いた

化学的な意味でのひとつの命って

どういうことかというと

私たちの身体を構成している物質は

一年もたつとすっかり入れ替わっている。

 

原子は無くなることはなく、リサイクルされている。

ということは、自分を構成していた一部の原子は

目の前の木の構成物質の、一部になっているかもしれない。

目の前の人の身体の一部になっているかもしれない。

 

だから他人だけど、他人じゃないの。

人間と動物は違うけど、同じだったかもしれないの。

植物と動物は違うけど、元は同じだったかもしれないの。

そう思ったら、優しくするしかないでしょ。

あっでも怒る時は、怒りますけどね(笑)

その辺もバランスね。

★満月と新月のタイミングでメルマガを配信中。

星読み情報や、体やこころのこと書いています。

次回は26日ふたご座満月です。

お申し込みの方はこちらへどうぞ→★★★

 

★女神の星活ツアー 若干名お席あります。

内なる女神の力、開いていきましょう!

来年の星の流れもお伝えします。

詳しくはこちらへどうぞ→★★★

IMG_20151124_121725912.jpg

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です