銀河教室

上下のエネルギーを通す

気功ボディワークを習っている時、

何度も先生から「尾骨をおさめて」と指導がある。

反り腰だと上下のエネルギーが遮断してしまうそうで、

かなり重要なことのようだ。

けっこう毎朝のボディワークで意識しているせいか、

普段の生活でも反り腰でないように、自然に姿勢ができてきたように思う。

実は私は男子フィギアが大好きだ。

高橋くんの昔の演技を見ていて気づいたことがある。

反り腰で演技している。

ジャンプの安定性があまり良くないみたい。

そしてあのバンクーバーで銅メダルを取った年から、

反り腰ではなく、尾骨をおさめた姿勢になっている。

ちょっと気になって、最近大注目している町田くんの演技を見てみた。

昨シーズンは大躍進だった選手。

シーズン最初の頃は、まだ反り腰。

でも世界選手権で銀メダルを取った時は、

反り腰でなく、ちゃんと尾骨をおさめた姿勢になっている。

羽生君のは映像を残していないけど、

彼は最初から反り腰ではないような記憶がある。

彼はジャンプの安定性は抜群ですもんね。

やっぱり姿勢は大事なのねと思いました。

さて、ここ以降は愚痴になっちゃいますが・・・

私やっちゃいました叫び

もういらない映像を消去しながら、フィギアを見ていたのですが、

なんと今年のオリンピックの映像を消してしまった!

男子フリーをまるっと。

なんてことでしょう。

でも高橋くんの演技は、もう何十回も見たので

すっかり頭に映像として残っている。

あの感動の演技は、ずっと頭に残るから、

もう見れないけど仕方がないですね。

もう見れないからこそ、記憶は鮮明になるのかも。

今でも長野五輪のキャンデロロの演技は、

まだ記憶に残っているくらいだもの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です