天王星のおうし座時代に向けて 身体の目覚めについて

天王星は牡羊座から牡牛座へと空間を移動しました。

天王星が牡羊座に入ったのは、2011年3月12日でした。
この間、私は私であるという
本来の自分に目覚める時です。
(社会的にはエネルギー革新の時代でしたが、こちらのブログでは個人レベルの話をします)

これが私!というものを、発見する7年だったのではないでしょうか?

牡牛座に天王星が滞在するのは
2018年5月16日~11月7日
いったん牡羊座へと逆行して
2019年3月7日~2026年4月26日です。

ところで、三位一体

こちらを占星術で当てはめると
魂は冥王星
精神は海王星
身体は天王星
となります。

魂と精神と身体の統合をしていくことで、私たちは真に自分を生きることになるのだと思います。

身体の感覚を司る牡牛座に天王星ですので、より身体の目覚めの時代になっていきます。

物質的な限界点の土星までの波動は、とらえやすいのですが
天王星以降の遠い天体になると、細やかになり分かりづらくなります。

順番としては
冥王星
海王星
天王星
土星
木星
火星
太陽
水星
金星

地球

地球から冥王星に向かって遠ざかるほどに、細かい波動になるので感じにくくなります。

月は最もわかりやすい感情、こころ、身体を司ります。
そして金星は、月の部分を守る形で、身体の感覚(五感)を司ります。

月の部分である、こころや身体の声を無視していたり
金星の部分の、身体の感覚、心地良さやトキメキ、好きなもの、美意識をないがしろにしていては
それ以上の遠い天体のエネルギーを、感じるのは難しいです。

こころ、身体の部分を大切にしていくこと~月と金星を満たすことで
次第に遠い天体の細やかな波動を捉え、宇宙や自然と共に生きることに繋がります。

天王星以降は、物質の限界である土星の向こうですので
エネルギー、波動の世界になります。

天王星が身体というと、ちょっと不思議かもしれませんね。

身体はただの肉の塊ではないですよね。
分子間で見れば、細かい振動を起こしているし
気が経絡を通り、全身を巡っています。

さらに身体の物質的なものを超えて、広がるエネルギー的な身体もあります。
チャクラ、マカバ、ライトボディーと、身体ってどれだけ多次元的な構造になっているのか、面白いですね。

この目に見えないけれど、確かに身体の波動としてあるものを、天王星が司っています。

ところで「健全な精神は健全な肉体に宿る」ということわざがありますね。
身体が健全であることで、精神だけでなく、魂もしっかりと自分のど真ん中に座るのだと思います。

神社に例えると、身体は社(やしろ)です。
神殿と言ってもいいですね。

社がガタガタで整備されてないと、どうでしょうか?
神さまはちゃんといるのでしょうか?
手入れのされていない神社を思い浮かべてみてください。
ちょっと怖いですよね( ̄ー ̄;

これは自身にも当てはまりますね。
身体という神殿をピカピカに磨いていくことで、 精神も魂も安心して真ん中にどーんといられます。

三位一体~魂(冥王星)、精神(海王星)、身体(天王星)の統合ですね。
そうすることで、真に魂の声を聴く、魂の観点で生きることに繋がっていくのだと思います。

天王星がおうし座に入っていくことで、さらに身体で敏感に波動を捉えることが増えてくると思います。

身体は大切なこの人生の乗り物です。
身体の目覚めの時といっても、いつも身体を無視していては眠ったままです(笑)

目に見える部分も、目に見えない部分も、両方整えていくことが大切ですね。

天王星が牡牛座にある時代、より細かい波動をとらえていくことになり
また小宇宙であるこの身体を通して、より宇宙を知っていくのだと思います。

天王星の逆行終了 太陽系全惑星順行へ

天王星の逆行終了

天王星の逆行が、昨夜終了し

現在「留」の状態です。

9日くらいから順行となります。
これにより太陽系の全惑星が順行となります。

実は一年のほとんどが、何かしらの惑星が逆行しています。

 

昨年は、全惑星の順行している期間が1ヶ月ほど。

今年は、3月9日の木星逆行開始まで、全惑星順行となります。

大体2ヶ月くらいですね。

 

一年のほとんどが何か逆行しているということは

がむしゃらに、前に進むばかりが良しではなく

 

今の自分の立ち位置を確認しつつ

今までの振り返りをしつつ

2歩進んで1歩下がる的な

そんな歩みが大切であることを感じさせてくれますね。

 

全ての惑星が順行の時、エネルギーの流れがスムーズであるように感じます。

 

それぞれのスタートのタイミングは違いますが

こんな時こそ、自分の今取り組むことに

エネルギーを集中させていきたいものです。

 

具体的に自分がどんな世界にいたいのか

この人生、自分の命をどう使っていくのか

どうこの社会で活かしていくのか

そのために今何をしたらよいのか

そんなことを1月17日の山羊座新月までに

思い描いていくと良いと思います。

 

ちなみに天王星が順行になる9日

つまり全惑星順行開始の日

太陽、冥王星、金星が山羊座で直線に並びます。

 

この人生、自分の命をどう使っていくのか

どうこの社会で活かしていくのか

まさに描くのにぴったりですね。

このあたりはまた記事に書きたいと思います。

天王星はこれから牡羊座の最終地点へ向けて、動いていきます。

今年5月16日に牡牛座へと移動します。

2011年3月12日からの天王星牡羊座時代

 

私とは何か?という問いと共に

本来の自分の目覚め
自立すること
自分のオリジナリティを発見すること
個性を発揮すること
などに取り組んできた方も、多いのではないかなと思います。

 

今年の5月に向けて、さらに純度の高い自分と出会い
まだ自分の気づいてない未知の私と出会い
それを受け止めていきたいものですね。
けっこうこれが自分だと思っていたものが
誰かから受け取った価値観だったり考えだったり
いつかの感情が、自分を縛るエネルギーとなって
制限をかけている自分だったりします。

 

自分を縛る想いのエネルギーや感情
もう今の自分にはいらない制限も
できるだけ手放して浄化して
純粋な自分であること
それは自然で無理のない状態
ニュートラルな私ですね。

 

それが次の牡牛座天王星時代に
現実に確かなものとして築いていきます。
私もどんどん手放して、純粋でニュートラルな自分に戻っていきたいと思います♪
長年溜めてきたものって、けっこうたくさんあるんですよね~

 

ところで天王星の周期は約84年
ひとつの星座に滞在するのが7年
次の天王星が牡羊座に入る時は
確実に私はこの世にいないですから
(いや100歳超えで生きていたりして)
二度と味わえないこの時を、しっかり生きていきたいですね。

突拍子もなかった天王星的な恋愛の話し

昨日、金星について書いたので、また続けてみたいと思います。

金星は恋愛で出やすいと書きましたが(実際は金星と火星がセットですが)
自分の金星がどの星座にあるかで、どのように愛されたいか、扱われたいかなどに影響を与えます。
また趣味とか好みなどにも出やすいですね。

例えば私は金星の星座は水瓶座なので
宇宙とか古代遺跡とか大好物です。
甘い会話よりも、知を刺激する会話が好きです。
そしてやっぱり「こんな人他にはいない!」という突拍子もないような、個性的な人が好きです。

ただ星座は価値観や好みなので、実際に恋愛における行動は違います。
私の金星は土星とつながっています。(アスペクト)
なのでどんなに個性的で魅力的な人でも、現実的に無理(女性にだらしないとか、結婚してるなど)だと、内なる土星がばっさりといきます。

重要なのは土星的な、誠実さ、信頼、時間をかけて関係性を積み上げることとなります。

こんな風に金星だけではなく、どの星とつながっているかで、同じ星座でも違うんですよね。
これはお一人お一人違うので、面白いなあと思います。

ところで、どう考えても土星が発揮されなかった恋愛が、過去にありました。
もう20数年前の話ですが、とんでもなく個性的な方とお付き合いしたことがありました。
後にも先にもあんな恋愛はないんじゃないかなと思います。
(突拍子過ぎて、詳しくは書けませんが)

それでその時期のホロスコープがどうなっていたか、見てみました。
私の持つ金星の位置と、空で動く天王星の位置が、ばっちり重なっていた時期でした!

天王星・・・その勢いは土星の枠や安定さをぶち破ります。
天王星のパワーで、まるでアクシデントのように、今までとは違う体験をして、新たな自分に気付いていきます。
個性、自由、覚醒、変化、リニューアル、オリジナリティなどのキーワードがあります。

それで、その方とお別れしたのは、ちょうど天王星が離れていった時でしたよ(笑)
また土星モードに戻ったのです。

まあ当時は大変だったわけですが、時間がたった今は良い経験だったなあと思います。
あのおかげでこんな自分がいたんだ!という発見がありましたから。
あの時、私の金星が天王星モードに入ったんですよね。
元々持っている土星モードだけでは味わえない、良い体験でした。

空で動く星は、私があまり使ってなかった星のパワーを発動させて、新たな気づきを促すので、面白いなあと思います。

特に天王星はゆっくり動きます。
12星座を一周するのに約84年です。
自分の持つ星に天王星スイッチが入るのは、人生の中でそう何度も無いことです。

今まで自分はこんなものだと思っていた枠組みを
天王星はぶち破り、枠から解き放つ役目となります。
あらたな自分に出会える、そしてまた新しい自分で歩んでいける
そんな天王星のスイッチ、大事にしていきたいですね。

最終的に金星から天王星の話になっちゃいました。
今見ている視点から、また違う角度で見させてくれる天王星は、個人的に好きな星です。
なんといっても自転軸が天王星だけ、横倒しですからね。
他の星と見る角度が違うんですよね。

「!!!」な体験をした時、それは天王星スイッチが入った時かもしれませんね。

ところで、今現在の空では、天王星と水星が同じ位置にいます。
今までとちょっと違う考え方だったり
いつもと見る視点を変えると、新たな突破口が開かれそうですね。

いつもと違う視点・・・高いところにでも登ってみようかしらね。