銀河教室

水星逆行期間の過ごし方

現在水星は、乙女座の領域を逆行中です。

水星逆行は年に3、4回あるので、珍しいことではありません。

今回の逆行期間は、8月13日~9月5日までです。

乙女座の領域から、獅子座の領域まで戻ります。

水星は、技術やスキル、情報のやりとり、学習、整理、論理などを司るエネルギーです。

また乙女座、双子座の支配星でもあります。

水星が乙女座にある時の性質として、様々な技術やスキルを学び、また手にした技術を完璧なまでに磨き上げていきます。

それは自分の持つ技術で、困っている人々の役に立つためです。

現実的に仕事や社会の中で、役立てようとします。

さて今回の逆行は、乙女座から獅子座まで戻っていきます。

今自分が手にしている、技術やスキル

今まで取り組み身につけてきたことなど

それは自分の情熱が源泉になっているものなのか?

見つめなおすような時です。

 

資格を取ったり、技術を身につけてきたこと

それがただツールとしてバラバラになっていたとしたら

もったいないことですよね。

 

自分の中の愛情、情熱、喜び、希望・・・etc

そういったものと再び結びつけ

何を元にその技術に何を乗せて伝えたいのか

この水星逆行期間中に見つめ、整理することで

またさらに自分の持つ技術は、さらに磨かれ輝き

力が増すのだと思います。

 

どんな技術やスキルでも、源で結びついているのならば、無駄にブレることはないですものね。

またこれから何かを学びたいものがあるなら、どうしてそれをやりたいのか?見ておくのも良いと思います。

 

ところで、水星逆行期間中は通信や交通の乱れが起こりやすいと言われますが、私はあまり気にしていません。

逆行期間中だからこうなると思えば、そうなるし

あまり関係ないと思えば、そうなります。

 

逆行期間中でなくても、通信の乱れなどは起こりますし。

やはり気の持ちようは大きいのかなと思います。

 

ただ私自身の感覚としては、頭の回転や判断力が、少々鈍くなるかなというのはあります。

なので大きな決断や契約などは、なるべく避けるようにはしています。

 

また夏の水星逆行期間は、たいがいお盆と重なります。

お盆の時期の波動の影響で、頭はボーっとしがちだし、身体は重いです。

 

「地獄の釜の蓋も開く」ということわざがあります。

引用始め~

意味

正月の十六日と、お盆の十六日は、みんな仕事を休みなさい、ということ。

解説

旧暦の、1月16日と、7月16日は、地獄で鬼が罪人を煮るための釜の蓋を開けて休んでいるので、 この世でも、仕事を休んで、閻魔さんにお参りをしなさい、ということではないかと思います。昔は、この両日を 「十王詣」、または、「やぶ入り」と呼んで、商売をしている家では、使用人に休暇を与え仕事を休ませていたようです。 仏典によると、地獄では、いろいろな釜があり、罪を犯した人が、その中で長い間、煮られて苦しみを受けるようです。

~引用終わり

まあ鬼も休むくらいのお盆ですから、無理をせずのんびり過ごすのも良いかもしれませんね。

そうは言ってもお仕事の方も、多いですよね。

私自身、いろんな仕事をしてきましたが

お店だと人員が少なくなるので、よけい忙しいです。

忙しい中でも、いつもより身体のケアをしっかり取り組んだり

少しでも自然の中に身をおいたり、好きなことに没頭してみたりと

なるべく思考をダウンして、頭を休ませてあげることで

また元気に動けると思います。