太陽は水瓶座へ 宇宙エネルギーとは何か

本日1月20日 太陽は黄経300度

冬の二十四節気 大雪

占星術上では水瓶座の空間へと入ります。

 

太陽が12星座の空間を移動するごとに、季節が変わります。

水瓶座は冬のシーズンの不動宮

冬を固定する役割なので、大雪というのも本当にピッタリだなと思います。

一番寒い時期ですものね。

水瓶座の立ち位置はどこにあるかというと、宇宙空間です。

宇宙の叡智を地上に降ろすというポジションです。

 

なので、水瓶座に天体がある方は、壮大なもの

スケール感が半端ないもの

宇宙のことなど大好きな方が多く見受けられます。

(そういう私も、太陽、金星が水瓶座です)

 

そういえば西郷隆盛も水瓶座ですね♪

西郷どんの若い頃は、頑固者だったというのもうなずけます。

不動宮ですから、なかなか考えを変えないってところあります(笑)

 

水瓶座はその高い視点、宇宙から地上を見渡します。

そしてそれぞれの個性を見つけ輝くこと

皆が違っているけど、違ってOKな世界を目指そうよ

そして個性豊かな人々が、国境や人種など隔たりを超えて

どんどんネットワークでつながっていく

そんな世界を描きます。

 

だからインターネットって水瓶座の世界観だったりします。

個性が発信され、一瞬で世界中とつながりますものね。

宇宙のエネルギーって何だろう?

水瓶座なので、ちょっと宇宙の話も♪

「宇宙のエネルギー」って言葉をよく聞きますが、ひとつに星や銀河の運動エネルギーのことを指してるのかなと、個人的には解釈しています。

 

そういえば先日「えっ!星って動いているんですか!?」と驚かれたことがありました。

ついつい宇宙も星も動いているって、自分では当たり前になっちゃって、知ってる前提で話は気を付けようとちょっと反省でした。

 

地球を含めた太陽系の天体は全て、太陽を中心にそれぞれの周期で周っています。

そして動かないと思われる恒星の太陽も、実は動いています。

面白い動画があったので、張り付けておきます。

 

 

 

太陽系が所属するのが天の川銀河ですが

その天の川銀河の中心を太陽系が周る速度が、時速82万8000㎞だそうです。

(太陽系旅行ガイド マーク・トンプソン著より)

 

途方もない速度ですね。
速すぎてちょっと想像がつきません。

そして天の川銀河はアンドロメダ銀河と接近中で、40億年後には衝突合体するんだとか。

 

スケールがでかすぎて、この地球に生きていることが単純にすごいと思ってしまいます。

 

核融合が起こっていたり、すごいスピードで動いていたり

そんなすごいスケールの宇宙のエネルギーの中で、私たちは生きているんだなと

いつも空を見上げるたびに感動してしまうのです。

 

宇宙に目を向けることで、この地球でこの身体で生きていること

人と出会いつながり、社会を築いていくこと

ひとつひとつが大切に感じますね。

 

 

イベント限定!星の光と癒しのセッション ご予約受付中です
9月16日(日)温活ふぇす 長野県飯田市⇓

 

セッションご案内

コズミックセッション
 自分という宇宙を知り、魂の願いを見つめる
 あなたのいのちが輝いて生きるためのセッションです。


★おすすめのエネルギーワーク
敏感でお困りの方へ!やさしい愛ある世界への第一歩に
境界線を築き喜びに生きる~サイキックプロテクションご案内


LINE@ご登録募集!

宇宙や星のこと、目に見えないちょっと不思議なこと、ブログの更新情報など不定期でお届けします。

ただいまLINE@をご登録いただいた方へ、ご希望の方は無料でコズミックレイ・ヒーリングをお受け取りいただけます。

ご登録は下記ボタンからどうぞ

友だち追加


各種お問い合わせはお気軽にどうぞ