傷ついたヒーラーキロン

キロンという小惑星があります。

けっこう前にキロンについて書こうと思いながら、ちゃんと書いてなかったな~と(^▽^;)

どなたが呼んだか知りませんが「傷ついたヒーラー」キロン
ちょっとせつなく感じます。

キロンの位置は天王星と土星の間にあり
(木星と土星の間に入ることもあります)
12星座を一周するのに大体50年くらい。

彗星との説もあり、軌道も不安定で
いつか太陽系から飛び出してしまうかも。

キロン
ケイローン
とも呼ばれます。

私はキロンという響きが好きなので、こちらで呼んでいます。

キロンは「心の傷」や「トラウマ」を表します。
その傷を癒すことで、他者への癒しとして活用されます。

傷を負ったからこそ、他者への理解が深まりますものね。
「自分が辛い思いをして乗り越えたから、同じように苦しんでいる人に役に立ちたい」
そう思われて仕事にされる方も多いのではと思います。
それはヒーリングに限定されず、あらゆる仕事でもそうです。

ただこれが個人的な傷というよりは、世代的なものになります。
同じ世代は、皆同じ星座のキロンとなります。
位置的に社会的な土星と、さらに広いネットワークで繋がる社会の天王星の間にあります。

私は位置的に興味深く感じます。
太陽系を地球中心に見ると
月から土星までは実際に見える天体です。

天王星から冥王星までは肉眼では見えませんが、見えなくてもあります。
(そのうち冥王星より遠い天体も見つかるかもしれませんね)

月から土星までは顕在意識であり、見える世界、物質的世界
天王星以降は潜在意識であり、見えない世界、霊的な世界

見える世界の土星と、見えない世界の天王星の間にあるキロン

キロンが司る心の傷やトラウマというのは、もしかしたら天王星以降の意識への気付きなのかもしれません。

天王星以降の意識は、普遍的でもっと大きな自己
魂的な自分に気付くというのは、傷やトラウマを見つめることからなのかもしれませんね。

見えない世界に抵抗感だけでなく、怒りを感じる方は
このキロンが関わっている可能性もあります。

世代間の傷やトラウマと一口に言っても、たくさんあります。
例えば、リーマンショックやバブルの崩壊
そして戦争やテロや災害も。

そして命は続いているので、もっと遡れば
魔女狩りもあったし、アトランティスなど古代文明の時のもの
さらに宇宙戦争というところにもいくでしょうね。

今生きている私たち一人一人が、ソウルグループ代表として
さらに血族代表として、その傷を癒していくということも担っているのではと、私は考えています。

出生のホロスコープのキロンとアスペクトを持つ天体を通して、癒しの役割をするとも考えられます。
(出生にアスペクトがなくても、現在進行の天体トランジットでスイッチが押されることも)

私の場合は、キロンと月がスクエアですね。

蟹座の月なので、包み込む愛と共感です。
さらに12ハウスなので、見える世界と見えない世界の存在も関係なく、全てを浄化します。
この作用は1年前くらいから自覚しました。

これは自分の癒されていないところを、癒していくことを始めてから理解したことから始まりました。

癒しは見たくないところも見ることでもあるので、けっして楽なものではありません。
だけどどんなに闇でも、必ずそこに光があり
その光を見つけることで、また他者を照らす光ともなります。

キロンは1977年に発見されたものなので
今生きている私たちが、検証して確かめていくものなのでしょう。

地球も宇宙も変わりゆくこの時、今後のキロンの扱いも変化してくるかもしれませんね。
注意深く見ていきたいものです。

イベント限定!星の光と癒しのセッション ご予約受付中です
9月16日(日)温活ふぇす 長野県飯田市⇓

 

セッションご案内

コズミックセッション
 自分という宇宙を知り、魂の願いを見つめる
 あなたのいのちが輝いて生きるためのセッションです。


★おすすめのエネルギーワーク
敏感でお困りの方へ!やさしい愛ある世界への第一歩に
境界線を築き喜びに生きる~サイキックプロテクションご案内


LINE@ご登録募集!

宇宙や星のこと、目に見えないちょっと不思議なこと、ブログの更新情報など不定期でお届けします。

ただいまLINE@をご登録いただいた方へ、ご希望の方は無料でコズミックレイ・ヒーリングをお受け取りいただけます。

ご登録は下記ボタンからどうぞ

友だち追加


各種お問い合わせはお気軽にどうぞ