銀河教室

肺の毒出しスッキリ

今朝は大号泣して目が覚めました。

あ~びっくりした。

とても悲しい夢を見て、実際に泣いていました。

昔々とても大好きだった人に、大勢の前で罵倒されて、

悲しいのに我慢して何でもないふりをしている夢。

それは夢だったけれど、これに近いことはあったなあ。

私は前提として、自分の好きな人には罵倒されるのが普通というものが前はあった。

だからそんな人を選んできてしまったのかもしれない。

相手の理想に合わせないといけないし、自分の悪い部分は直さなければいけない。

そんな風だったから、20代の頃の恋愛はとても苦しいものでした。

30代に入った頃に夫に出会い、それまでの恋愛とは一変しました。

一つには自分の気持ちを感情的にならずに、きちんと伝えようとしたことが良かったのだと思う。

自分を出さずに我慢することをやめたんです。

それに夫は、私が太っていようが痩せていようが、

すっぴんでも化粧していても、

だらだらしていてもシャキンとしていても、

何でも気にしない人。

私が私らしくのびのびとしていることが、一番良いのだそう。

人といてこんなに楽チンなのは初めてのことでした。

家庭で楽チンだと、外で人と接っしている時も楽チンになるんだね。

おっと話がそれましたが、今朝の号泣でものすごーくスッキリしたのです。

今は秋なので、肺と大腸の毒出しの季節。

感情では悲しみに対応しています。

秋になるとセンチメンタルな気分になりますものね。

今朝の大号泣は、こころの毒出しだったのかなと思います。

こころに溜まっていた毒が、涙で流れていったみたいです。

身体の冷えも怖いけれど、もっと恐ろしいのはこころの冷え。

しっかり下半身だけ温めて、運動をして気血を循環させていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です