銀河教室

老子


加島祥造さんの訳、とても読みやすくて、

するすると入ってきます。

しかも伊那谷在住の方。

老子の本を読むと、まあこれでいいかあ

なんて、ちょっと脱力します。

肩の力が抜ける感じかな。

ジタバタせずに、流れにのっていけば良いのねって思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です