銀河教室

美味しいおやつを食べよう

10時のおやつに、甘酒かけ小豆。

小豆の甘味、甘酒の甘味がとっても優しいです。

小豆が食べたい!と無性に思う。

これは体が求めているから。

でも市販の煮たのは砂糖たっぷり。

小豆は腎臓の形に似ていて、

だから腎臓の機能を改善する力があるそう。

みくみを取って、体液の乱れを調和するとか。

それで小豆は食べると良いけど、

砂糖で煮ると、砂糖が腎臓が疲れてしまう。

小豆で腎臓を休めたいのか、

砂糖で腎臓を疲れさせたいのか、

どっちやねん!って腎臓に突っ込み入れられそう。

これは自分で砂糖無しで煮てみるしかないなあ

と思っていたところに、先日ランチに行った

中川村のベースキャンプコーヒー(カレーが美味しい)

で無農薬の小豆が売られてました。

しかも1カップの分量で、100円という激安!

さっそく購入して、砂糖無しで煮る方法を調べてみました。

小豆の3倍の水で、5cm角くらいの昆布を入れて、

柔らかくなるまで弱火で煮たら、最後に自然塩をひとつまみ入れる。

ふたをしないで煮れば、あく取りの必要はないそう。

昆布が小豆の甘味を引き出すそうです。

それで煮てみました。

結果、ほくほくして優しい甘味の小豆が煮えましたニコニコ

美味しいおやつの時間ができましたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です