銀河教室

百夜行

あまりの厚さに、びびってしばらく手を付けずに放置してました。

だって文庫なのに、厚さが3センチ超え・・・。

でも思い切って読んでみた。

始めはいろんな人物が出てくるし、いろんな事件が起こるし、なんのこっちゃ???な感じでしたが、

次第にそれらが繋がり、全てが明らかになった時、泣けました。

なんて切ない物語。

愛する人を守るため、手が他人の血にまみれても、なんでもやってのける。

心を無くした二人の人生。

「君のためなら、なんでもできる」なんてセリフは物語の中ではよくあるけれど

(私は言われたことないなあ~言われてみたいなあ)

そんな甘いセリフは一切なし!

全て行動で示すんですね。

面白いことに、中心となる二人の男女の視点からは、一切書かれていないのです。

全て第三者からの視点で書かれているのが、とても新鮮でした。

そして読み終わった後、町田君のナンバー百夜行を観ました。

これは町田君が自分で振付をしたものです。

物語の世界観が良く表現されていて、せつない感じが伝わってきます。

片手の赤い手袋も象徴的でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です