銀河教室

満月の浄化と、染めたこと

週末は、とても勉強になるワークショップに行ってきましたよ。

岡山からアルデバランの中村さんを招いて、

皆でちくちく布ナプキンを塗って、茜で染めるワークショップ。

ちくちくしながら、気ままにおしゃべりする・・・

これって昔から女性がやっていたことなんだろうなあ、と思いました。

手仕事しながら、なんだかんだ話すのって癒されますね。

そして縫いあがったら、いよいよ染めの作業です。

今回は、茜で染めました。

茜は、浄血作用や身体を温める作用があるそうです。

染めの作業をしながら、いろんなお話が聞けました。

元々女性は、大地と繋がる力を持っているのだけれど、

使い捨てナプキンを使うことで、大地と遮断されて、

上へ上へとエネルギーが昇ってしまい、

結果、男性のように社会で生きてしまう。

なので、布ナプキンを使うことで、大地と繋がることができるんだそう。

そして、染めるというのは、布に薬効成分を移すということで、

色を付けるつもりでなく、結果的に色がついたということらしい。

現在、草木染めやってますという布製品は、ケミカルな添加物を使っている所が多いそうで、

なぜそうなるかというと、自然なものだけで染めた布を使うと、

その薬効成分が皮膚から体内に吸収されるので、

色が抜けてムラになるそうで、知らない人だとクレームになるので、

添加物を使う業者が多いそうなのです。

そう、植物だけで染めた布は、薬になるんですね!

こんな言葉を教えてもらいました。

「草根木皮(漢方薬)、これ小薬。

鍼灸、これ中薬。

飲食衣服、これ大薬。」

皮膚という臓器は、身体を覆っていて、他の感覚器官より圧倒的に面積が大きい。

その皮膚を覆う服は、臓器の一部と言っても良いくらい重要なもの。

食べ物も薬だし、衣服も薬。

それに、経皮吸収が二の腕の内側を1とすると、

膣の経皮吸収は、なんと42倍!

これで、ずっと使い捨てナプキンを使っていたとすると、恐ろしいですね・・・。

布ナプキンを使う大事さって、すごくわかります。

皮膚が使い捨てナプキンのように、ケミカルなものに触れると、

きゅっと閉じてしまうので、月経時にうまく排出されなくなってしまうんですね。

しかもダイオキシンなど、ホルモンを乱すような物質を吸収してしまいます。

昔、初めて布ナプキンを使った時、とても暖かく包まれている感覚を味わいましたが、

これはきっと大地と繋がった喜びだったのかなあと思います。

皆で塗って染めたナプキンが干されている様子↓

キレイなピンク色に染まりました。

染める作業の間も、ずっと揺すったりして手をかけているんですよ。

ほったらかしでも染まるそうですが、

ずっと手をかけている方が、全然仕上がりが違うんだそうです。

楽しかったし、とても充実した一日でした。

そしてこの日は満月。

その日の夜は、浄化がおこりました。

お腹PPだし、吐くし・・・。

いらないものを一気にだした感じです。

今日は復活して、スッキリしています。

満月の浄化と、茜の浄血力が相乗効果できたのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です