銀河教室

本を読むことと、想像すること

子供の頃、押し入れに隠れて本を読んでいました。

すこーしだけ戸を開けて、差し込む光で何とか読んでいました。

本を読んでいる所を祖母に見つかると、

目が悪くなる!と怒られるので、隠れて読んでいました。

結果、目が悪くなりましたあせる

押し入れに隠れることは、本を読めるだけでなく、

家族に見つかると、他の事でも何かしら怒られるので、

見つからないのは、子供だった私にとって最高の場所でした。

町の図書館は堂々と本を読める場所なので、とても好きな場所でした。

今でも本がたくさんある場所は好きで、

パートでも書店で働いています。

本を読むことは私にとって、現実逃避の方法でした。

その世界に入ってしまえば、様々な世界に行くことができました。

その経験は、イメージ力を強化する助けになったと思います。

思い描いたことは、現実とさほど変わらないくらい、頭の中ではっきりと映像化できます。

この想像力の強さは、私のホロスコープを見るとよく分かりますが、

持って生まれたというより、その環境を選んで生まれて、

その資質を磨いたということになるのではないかと思います。

保育園にあがる前の幼児期に、祖母に面倒をみてもらっていたのも、

想像力を鍛える場になりました。

祖母は、子供が笑ったり話したり動いたりするのが大嫌い。

とにかく黙って何もしないで、座っていなければならなかったのです。

そんな時に、頭の中で様々なお話を想像して、その中で遊んでいました。

ある時保育園で、お店屋さんの行事がありました。

紙でお金を作って、それぞれがお店を開くもので、

私は自分で絵本を作り、本屋さんをやりました。

その絵本は完売しました。

けっこう大人になってから、買っていった子の母親に、

あの絵本は面白かったと言われたのは、

驚いたし、とてもうれしかったのを覚えています。

私はいくらでも一人でいて、いろんな世界に行ってしまうので、

「今ここ」にいるということが、とても難しい。

なので現在は、今の瞬間を生きることが、私にとっての課題。

それが、気功をすること、ボディワークをすることで、

今の瞬間に意識を置くことが、少しはできるようになってきたと思います。

まだまだですけどね。

でも続けてやっていくことで、亀の歩みでも必ず進んでいけることを感じています。

最近やっていきたいと思うのは、頭の中のお話を文章化していくこと。

まったくまとまらず散乱している物語を、

きちんと文章にしていきたい。

せっかくの自分のスキル、きちんとこの現実世界に出していきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です