銀河教室

星を見上げる 宇宙とつながる

「星を見上げる 宇宙とつながる」
 
今日は七夕ですね。
といっても梅雨まっさかりで
星はなかなか見れない時期ですね。
 
私が子供のころは
8月7日が七夕でした。
子供のころはとてもはっきりと
天の川を見ることができました。
 
今でも信州は星がよく見えると
言われてはいますが
子供のころの見事さと比べると
少し残念な気がします。
 
私たちが暮らす太陽系は
天の川銀河に所属していて
その銀河のしっぽのあたりにいます。
 
私たちから見ると
天の川銀河の断面が見えて
ちょうど川のようになるのですね。
 
私は占星術を勉強したのなら
それと同じ時間、星を眺めて
この太陽系の銀河系の
さらに広大な宇宙の一部である
自分を感じることが必要と感じています。
 
私たちは分離したものでなく
この宇宙の一部であること
さらにそれを感じることができる身体
 
この身体を整えてクリアにし
身体の持つ力を高めること
これが真理に近づくことができる。
 
実際に身体を持って
ここに生きている
私たちにできる
唯一の方法ではないでしょうか。
 
天の川銀河とアンドロメダ銀河は
40億年以内には衝突し融合する。
そしてそのブラックホールの
質量は増大し、宇宙の塵を吸い込んでいく。
 
銀河は衝突し合体を繰り返し
さらにブラックホールの質量は増大
そして最終的には
宇宙の始まりインフレーション
ビックバンと呼ばれる前の
状態に戻っていくのではないかと思う。
 
拡大と収縮を繰り返す宇宙。
 
そして私たち人間も
季節に合わせて
月の満ち欠けに合わせて
収縮と拡大を繰り返す。
 
私たちは否応なしに
宇宙とつながっているんだよね。
 
七夕の今日
例え星が見えなくても
空を見上げて
宇宙を感じてみると良いですね。
 
☆宇宙とつながるマンダラアートin広島
参加者募集中です。
7月31日水瓶座満月
広島のコスモアーティストのアンジェさんとの
コラボ企画です。

>>詳しくはこちらへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です