銀河教室

感動をありがとう

感動をありがとう。無茶フェスin伊那。

「やろうと思えばなんだってできる!」

無茶さんの力強い言葉。

6年前に初めて伊那で開催した時、お客様はたった二人だったそうです。

それが今は体育館を埋めつくす人。立ち見まで出るほどでした。

「どうしたらお客様に喜んでもらえるんだろう」そればっかり考えてきたんだそうです。

その思いがきっとたくさんの人を動かしたのでしょうね。

私も無茶さんを見習って頑張ろう。

去年は強大な相手に立ち向かって、倒されても立ち上げる

その勇気をもらえました。

信州プロレスってホント良いです。

毎回元気になるし、勇気をもらえます。

ちなみに感動した夫はTシャツを購入し

無茶さんにサインをもらってました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です