銀河教室

思わぬ収穫と、結果を急ぎすぎないこと

毎朝、気功や運動をやってます。

すでに習慣にはなっていますが、最近早起きするようになったので、

時間をかけて取り組むことができるようになりました。

わりとじっとしているポーズが多いので、

そんなに身体に変化が無いように思っていたのですが、

でもね毎日やっていると、身体が少しづつ変化しているのですよ。

いろんな所が、少しづつ確実に引き締まってきているし、

なんといっても疲れにくくなっています。

瞑想と運動をいっぺんにできちゃう感じですし

心もスッキリとして、良い感じです。

それで、教室で教えていただいた「馬歩」という立ち方があるのですが、

(馬歩については→山下先生のブログ

最近、台所で馬歩で立つようにしてみました。

私、今まで料理が好きかと尋ねられて、

「嫌いではない」という答え方をしていました。

なぜって、台所が低いからです。

基本的に、世の中の造形物は10~15cmくらいは、低く作られているので(私目線で)

いろんな作業をする時に、猫背でせざるをえません。

なので、肩こりがとてもひどくなってしまうので、

料理にあまり時間をかけることができませんでした。

とにかく時短で作れるものを考えていました。

しかし、馬歩で立ってみると、背筋をのばしたまま料理ができるのです!

調子にのって、時間のかかる餃子や春巻きなども作ってしまいました。

馬歩のおかげで、料理が好きと答えられそうです。

そんなこんなで、身体や気持ちの変化も出てきて、

気功の良さが実感できるようになって、

もっとレベルアップをしたい、と考えるようになりました。

站椿(たんとう)という立ち方がありますが、

この立ち方を普段、一番長く訓練しています。

内なる生命力が高まり、エネルギーが循環していく感覚があります。

いつもは10分くらいのところを、思い切って20分にしてみました。

結果、背中が痛くなりました・・・。

やっぱり一気に倍にしたのが良くなかったのですね。

ちょっと反省。

結果を急ぎすぎないことが大事ですね。

何事もじっくりと確実に進めていくのが、無理なく自分の力になっていくのでしょう。

ちゃんと背中が痛くなったってことは、身体がこれ無理~って教えてくれたのですね。

先生に聞いたら、「15分にしましょう」と。

身体に無理なく、じっくりと取り組んでいこうと思いました。

これは気功だけでなく、いろんなことに通じますね。

毎日、少しづつやっていけば、一年後は大きく違っているはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です