銀河教室

家族のためでなく、自分が美味しいと思うものを作る

GWが終わりました。
GW中は特に遠くに出掛けることなく、
伊那谷の各地で楽しんできました。
若干、遊び疲れがσ(^_^;)
GWの最終日の昨日は、伊那市のヒナタヤさんでの
つぶつぶ雑穀試食会に参加してきました。
東京で活躍している、つぶつぶマザー河井美香さんから
食についていろいろ勉強になるお話を聞きました。


写真はあわ粉のワッフルとヒエのクリーム添え
他にもあわ粉のティラミスや甘酒アイスetc・・・
砂糖をいっさい使わないのに、甘くて美味しいスイーツを
お腹いっぱいにいただきました。
お話の中で面白いなあと思ったのは、
これを出したら家族は食べてくれるかしら
と不安で出したものは、家族は食べてくれない。
また家族のためにと一生懸命に作ると
これも食べてくれない。
一番は自分が美味しいと思うものを作ると、
家族は喜んで食べてくれるそう。
気は料理に移るんですものね。
確かに我が家では、雑穀の導入は割とスムーズでした。
雑穀料理教室に行って、雑穀の美味しさに目覚め、
少しずつ雑穀を入れていったのですが、
私が美味しいと思って出したから、
夫も美味しいと思ったのではないかな。
だって夫は肉がないとダメな人なのに、
麻婆豆腐のひき肉をタカきびに替えて作ったら、
普通に美味しいと食べていたのです。
昔、スーパーで売っていた15穀ブレンドをご飯に混ぜて炊いたのですが、
正直私も美味しいと思えなかったし、
夫だってもう雑穀はいらないと言ってました。
今回の雑穀導入では、私の美味しいと思う雑穀だけ
入れていったので良かったのかもしれません。
私は初めはもちきびをお米に混ぜて炊きました。
これが香りが良くて、ご飯がもちっとして美味しいのです。
今までご飯を食べると太ると思って、
少ししかご飯を食べてなかったのですが、
雑穀ご飯にしてから、ご飯を食べる量が倍以上になりました。
そうしたらなんと!
逆に痩せてきたのです。
考えてみたらご飯を減らして、お腹が空いて
余分なものを食べていたからダメだったのでしょう。
雑穀には身体に必要な栄養がつまっていて
食物繊維が豊富で、若さに必要な抗酸化作用もある。
良いこといっぱいですね。
そしてご飯を食べて満足するので、
甘いものをあまり欲しいと思わなくなるのです。
ご飯いっぱい食べて元気になるので、
気功や運動も、今までよりしっかり取り組むことができるようになりました。
食を変えていくのは、生活の中に様々な影響を及ぼすので、
とても大事なことですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です