宇宙人探査と水瓶座の世界観

本日の月は水瓶座の領域にあります。

27日魚座で上弦の月に向けて、満ちていく月です。

 

ふと思いだしたお話が、ちょっと水瓶座的だなと感じたので、ご紹介いたしますね。

今年の夏に、信州大学の講演会に行きました。

内容は宇宙人探査の最前線のお話です。

お話されたのは、世界合同で宇宙人探査を主催したこともある

兵庫の天文台で勤務する博士です。

 

論理的で分かりやすいなお話は、とても面白かったです。

 

いくつか印象的なお話がありましたが、その内の一つ

この太陽系は天の川銀河の端っこに位置していて

銀河の中では、田舎者なんですと。

 

だから、いくら地球上で都会だの、田舎者だの言っていても

銀河レベルでは、地球人は全員が田舎者だと(笑)

 

しかも地球人同士で争いをしているので、宇宙人から見たら凶暴に見えるので、友達になろうなんてとても思ってはもらえないだろうと。

 

そんなお話でした。

 

この宇宙目線での立ち位置、占星術的に見ると完全に水瓶座ですね。

 

12星座それぞれに宇宙観はありますが、またそれぞれの立ち位置もあって、宇宙に立っているのが

水瓶座、魚座、牡羊座です。

(いわゆる地に足がついてない)

 

ちなみに山羊座も成熟してくると、宇宙に立ち位置を決めます。

 

そして魚座は無条件の愛で、宇宙と溶け合い

牡羊座は宇宙から地球にダッシュしています。

 

水瓶座は宇宙に立ち、地上へ宇宙の叡智を降ろしている星座です。

(なので下手すると、上から目線になっちゃうんですが 笑)

 

宇宙目線で見ると、全員が平等だよって

そして平等なんだけど、一人一人が特別で

自由に個性を発揮できる世界を創ろうよ

 

そして、志を同じくする仲間同士で、空間を超えて繋がっていくネットワーク作りをしよう。(これインターネットで実現してますね)

そして新たなビジョンを描いていこう。

 

一人の強いリーダーの元、自分を押し殺していくのではなく

一人一人がリーダーで、全員がヒーローでヒロインである

 

そんな水瓶座の世界観

まだまだ先の話だけれど、これから地球が目指していく世界なんだろうなと思います。

 

今、冥王星が山羊座にあり

2020年には土星と木星も山羊座に集合します。

 

そこに向けて社会の仕組みが変わりつつあります。

使えないシステムは終わりにし、本当に皆にとって使える社会システムが残っていく

山羊座でひとつの終わりと始まり

その先の水瓶座の持つビジョン

 

星の流れと共に、これから変わっていく社会

その中で、どう自分があるか

水瓶座の世界観にヒントがあるのでしょうね。

LINE@ご登録募集!

宇宙や星のこと、目に見えないちょっと不思議なこと、ブログの更新情報など不定期でお届けします。

ただいまLINE@をご登録いただいた方へ、ご希望の方は無料でコズミックレイ・ヒーリングをお受け取りいただけます。

ご登録は下記ボタンからどうぞ

友だち追加