銀河教室

宇宙を初めて意識した時

最近ではホロスコープを読んだり、占星術のことを知識を得るというよりは、

感じてみて、それを自分の感覚を使って落とし込んで、そして出してみようという試みをしている。

ふと子供の頃のことを思いだした。

たぶん小学校1,2年生の頃、手にした宇宙の図鑑。

その宇宙の図鑑を読んで、大変に衝撃を受けたのを覚えている。

え?ブラックホール?吸い込まれちゃうの!?

ええ??太陽が二つある星なんてあるの?

今までの見ていた世界が普通ではなく、星によって違うんだと衝撃を受けました。

その宇宙の図鑑は、私の狭い世界観を大きく広げるきっかけでもありました。

ちょうど銀河鉄道999をテレビでやっている時で、

鉄郎とメーテルが様々な星を巡る冒険の旅を見て、

私もいつか999に乗ってみたいと思ったものです。

あっちなみに初恋の人は、キャプテンハーロックです。

実家に住んでいた頃、犬と一緒によく夜の散歩をしました。

犬と一緒に星空を眺めていて、

星空と傍らの犬、なぜだかそれが完璧に充ちた世界と感じました。

最近知ったのですが、月に一番近い動物は犬だそう。

太古の地球は月が二つあって、衝突で月が一つになってしまった。

月が一つになったアンバランスさで、私たちは身体や感受性に影響を受けるようになったという説があります。

なんとなくそれもありかなあと思うのは、

失われた月の代わりに、犬がバランスをとってくれているのではないかと感じるのです。

☆月星座のワークショップ 

詳しくは→★★★

10月8日のヒナタヤさんは満席になりました。

2名様から催行可能ですので、

別日程でご希望の方、ご相談くださいませ。

2 thoughts on “宇宙を初めて意識した時

  1. koko

    SECRET: 0
    PASS:
    >荒尾にあるカウンセリングルーム:吉田春菜さん
    本当にそばにいてくれていた犬たちに感謝ですね(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です