銀河教室

土用入り~すきっ腹

今日から土用の期間ですね。

土用といえばウナギ食べる、これは平賀源内さんの江戸時代に作られた広告。

土用は、消化器の毒出しの期間。

土用は一年のうちに4回あって、

立春、立夏、立秋、立冬の前約2週間が土用です。

ざっくり言うと春は肝臓、夏は心臓、秋は肺、冬は腎臓の毒出し期間ですが、

その季節の変わり目の土用に、消化器の毒出し期間があるというわけです。

一年のうち4回も毒出し期間がある消化器、どれだけ毎日働いているかということでしょうね。

だからたまにはお休みさせてあげないといけないのね。

食べ過ぎが、どれだけ身体に負担をかけさせているかってことですよね。

この季節の変わり目に、しっかり胃や脾臓を休ませてあげると、

次の季節への身体の適応がスムーズになります。

季節の変わり目って風邪をひく人が多いですよね。

これは、もう強制的に体から毒を出している状況です。

そんな時は薬で抑えずに、しっかり発熱して身体から毒を出したいものです。

私は風邪をひくのが嫌いなので、土用の期間に消化器を休めるようにしています。

といっても今までは一日程度のプチ断食でしたが、

なんと昨日の夜から2日間のソフト断食を開始。

何も食べないというわけでなく、一日のうちにリンゴ一個と甘酒は摂取する予定です。

それで2週間の土用の期間中に、なぜこの日にスタートさせたかというと、

ちゃんと理由がありまして、月の周期とも関係しております。

今週24日は新月です。

しかも日食もありのパワフルな新月です。

なので今は月が欠けていく時期なので、身体の浄化に適しています。

24日を過ぎると、月が満ちていくので滋養のあるものを食べて、身体作りに適した時期になります。

ということは、今日から24日までがベストタイミングな断食の時。

断食をすることで、意識もクリアになり、身体も心も整って、

新月で心をそろえて自分の内面を見つめ、これからの目標をたてて願い事をする。

ってものすごく、良いタイミングではないですかアップ

まあ普段きちんと3食食べている方に、いきなり断食しろとは言いません。

でもたまには1食くらいぬいて、消化器を休ませてあげると良いのではないでしょうか。

なんだかね、気持ちが良いからけっこう癖になるかも。

この気持ち良さって何でしょうね。

余分なものがない、空っぽな感じ。

そして、何か新しいことがやってくるような予感。

そんな感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です