銀河教室

土星を思う

最近、PCにかじりついている理由は、

今週末に予定しているワークショップの資料作りと、

来月予定のワークショップのチラシ作り。

一度自分の中に落とし込んだものを、再度自分の言葉で出していく作業は、

けっこう新たな気づきがあったりして、理解も深まるので、

大変に勉強になる作業です。

昨日は土星について書いていて、なんだか今までのことを振り返る時間となった。

土星といえば、制限、制約、責任、根気など、けっこう重いキーワードが並んでいる。

土星の学びをちゃんとしていないと、ラッキー星の木星のパワーは受け取れないし、

いつまでもコンプレックスが残ってしまう。

でも土星の学びをきちんとすると、苦手分野だったものが、

この人生を乗り越えていくための、強力な武器となるのです。

私の土星は、ふたご座で11室。

ふたご座は、知識の吸収、伝達、コミュニケーションなどを意味し、

11室は、社会的コミュティーのお部屋。

なので、コミュティーの中で、自分の学んだものを伝えていくことになる。

実際に、これからの私は自分の得てきたものを、人に伝えていくことをしていきたいと思っている。

土星は、私の強力な武器となってくれそうです。

今でこそお勉強大好きな私ですが、子供のころはまったく勉強をしませんでした。

やっと勉強をしだしたのが、20代半ばから。

自分は本当に馬鹿だと思い込んでいて、

親からも「せめて人並みになれ」と言われていた。

特に授業の内容が分からなかったわけでもなく、普通に理解していたけれど、

なぜ馬鹿かと思い、思われていたのか、

保育園の年長頃から、中学卒業時点までほとんど誰とも話さなかったから。

たぶん、人の言ってることが理解してないと思われていたのだと思う。

ただ単に人が怖くて、世界は敵だらけだと思っていたので、

自分が話したことで、攻撃をされるのを避けるためだった。

自分でもとんでもない馬鹿だと思いこんでいたし、勉強をする意味などわからなかった。

そんな私が中学生になった時に、最初のテストがあって、

もちろん自分は最下位だろうと思っていて、特に勉強もしなかった。

テスト後、現実を確認するため先生に順位を聞きに行った。

今はどうかわからないけれど、当時は希望者だけに順位を教えてくれた。

順位を聞いた時の衝撃は、今でも忘れられない。

親から言われた「人並みになれ」という言葉は、

特に努力せずに叶っていたのだった。

というわけで、その後も特に努力することなく「人並みに」をキープし続けていった。

普通の高校に行って、普通に公務員になり、今とは違って20年前の役所は、

「女の子」は簡単な事務とお茶くみがお仕事で、ぬるーい環境にいた。

ところがどっこい、私の中の変革の時期がやってきて(ここは詳しく書かず割愛します)

フットセラピーの勉強をして、転職をしたのでした。

新しい仕事をしていく中で、お客様とのコミュニケーションは大変に私を成長させるものとなった。

いろんな女性が様々な悩みを持って話してくれるのを聞いて、

何か役に立ちたいけど、私はなんて知識もないし経験もない。

こんなんじゃダメだと、強く思ったのでした。

そこから私の勉強大好き人生が始まった。

いろんなことを知ることって、なんて面白いんだろう。

知識欲は、本当に欲だと思う。

他にもいろいろあるけれど、これが一番の私の土星物語なのかなと思う。

2 thoughts on “土星を思う

  1. koko

    SECRET: 0
    PASS:
    >3ヶ月であなたが愛される魅力を引き出すセラピスト 吉田春菜さん
    ホントにワクワクしますね。
    ありがとうございます(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です