銀河教室

動物つながりで

昨日のブログで犬のことを書いたけれど、

私が動物を特別な存在として接するようになったのは、いつからだろう?と思い起こしてみた。

物心ついた時にはすでに家には何かしらの動物がいた。

それなりに可愛がってはいたが、特別な存在というほどではなかった。

緑色のインコのぴーちゃんが、特別な存在として語りかけてきた最初の動物だった。

インコのぴーちゃんがいたのは、それはちょうど小学4年生、9歳の頃。

9歳の時のことは、はっきりと今でも覚えている。

私が孤独という大きな闇にのみ込まれた時。

孤独を実感した初めての頃だった。

恐ろしく深い闇に閉じ込められたかのようで、この世から逃げ出したくなった。

それで逃げようと思ったのだけれど、手首に当てた刃物のあまりの冷たさに驚いた。

この世のものとは思えない程の冷たさで、あれほどに冷たいものに後にも先にも触れたことはない。

芯から凍り付くような冷たさは、今でもはっきりと記憶している。

その冷たさに驚き、踏みとどまったというより、怖くて勇気が出なかった。

インコのぴーちゃんが語りかけてきたのは、その頃からだった。

私が呼びかけると、いつでも嬉しそうに体をぷくーっと膨らませて、優しく指をつついてくれた。

その後もずっと動物たちとの時間は、私の心を慰めてくれた。

けれど彼らは私よりも圧倒的に寿命が短くて、先に逝ってしまうのだった。

いつも動物を家に連れてきたのは父だった。

父も動物たちをことさらに可愛がっていた。

今思い返すと、父も孤独を抱えていたのかもしれない。

今私は動物は飼ってはいない。

飼えない状況ではあるけれど、頑張れば飼える環境にすることはできる。

でも今はあえて飼おうとはしない。

動物がいないことは、心にぽっかりと穴が空いた状態だけれど、

自分が本当は依存体質なのを知っているから、

私は私の力で、自分のバランスをとっていくことをするべきだと思っている。

そして、あの9歳の頃からずっと逃げ出したい欲求は、ずっと心の中にあった。

いつでも闇の中から死神が優しく笑いかけてくれて、その誘惑に負けそうになることもあった。

でも今は逃げたい欲求はなくなり、死神も姿を消している。

自分の人生を生きると決めてから、たくさんの変化が起きている。

変化というよりいろんなことが周りだしたし、自分も楽になっている。

今まで出会えた人たちのおかげで、私は「生きる」ことを選ぶことができた。

40を過ぎてからようやくって感じですが・・・。

「生きる」と決めるまでに時間がかかってしまったけれど、

ちゃんと生きていきますので、これからもよろしくお願いします。

2 thoughts on “動物つながりで

  1. Mai

    SECRET: 0
    PASS:
    わたしも昨日シュタイナー子育ての会で、9歳の危機について学んでブログに書きました。
    9歳は楽園を追放され、世界と自分の分断を初めて感じる時期。
    シンクロだな、とうれしくなりました^^
    Mai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です