銀河教室

出血過多の軽減法

月経時の出血過多、これは日常生活に影響を及ぼすような状態でした。

仕事も休む、家事もできない・・・。

出血量が多いだけでなく、眩暈、身体のだるさ、頭痛もひどい状態でした。

低用量ピルで月経の周期がわかるので、その期間は何も予定を入れずにいました。

低用量ピルをやめるきっかけになったのは、血小板の減少でした。

今考えると、身体が低用量ピルは合わないよ!と教えてくれていたのでしょうね。

再検査には行ってないですが、点状出血が無くなったので、

きっと血小板の数は回復していると思います。

さて、なぜ出血過多が軽減したかというと、

思い当たるのは3つほどあります。

一つ目は、骨盤内の血行を良くしたこと。

毎朝のボディワークの中で、骨盤を動かす運動を取り入れました。

普段歩く時も、みぞおちから下が足だと意識して歩きます。

そういう意識で歩くと、骨盤がよく動いてぐんぐん歩けます。

冷えとりで、足湯や半身浴も良かったと思います。

二つめは、チョコレートやお菓子などの、白砂糖の摂取をしなくなったこと。

白砂糖を取らなくなってから、驚くほど身体のだるさが無くなりました。

今までの不定愁訴は、全て白砂糖のせいではなかったのかと思うくらい。

実はお菓子をやめようと思ってやめたわけではないのです。

以前に書いたブログにもありますが、自分を認めたことで、チョコレートに頼ることがなくなりました。

かといって、今まで過剰に白砂糖を摂取してきたので、気持ちの面だけでやめられたわけではありません。

時を同じくして、私は雑穀料理をするようになりました。

雑穀料理があまりにも美味しくて、穀物中心の食事に変わっていきました。

穀物を以前の倍以上は食べるようになったのです。

結果、体重が落ちてきました。

そして、ミネラルや必須アミノ酸など身体に必要な栄養素を含んだ穀類は、

白砂糖をやめた私の身体に、糖質を補ってくれました。

穀類の糖質は、白砂糖みたいに突然血糖値を上げたりしません。

身体に優しく反応するので、いくら食べても良いんですね。

雑穀を食べるようになってから、白砂糖がいらなくなりました。

三つめは、レイキをやってもらったこと。

子宮にレイキをあててもらったのですが、

ビックリなことに、子宮が軽くなりました。

胃が重いとか軽いとか経験はありましたが、子宮も軽くなるんですよ。

これは本当に驚きました。

今まで苦労をかけていたんだなあと子宮に謝り、また感謝の気持ちがわいてきました。

きっと心の毒出しを、月経という形で一生懸命出してくれていたのだと思います。

今まで苦労かけたけど、これからは大丈夫だからね!と約束しました。

以上が月経が楽になった要因と思います。

あんなにひどかった頭痛もだるさも眩暈も、キレイに無くなってしまいました。

出血過多の軽減法は、情報があまりありません。

同じように苦しんでいる方がいらっしゃったら、参考になればうれしいです。

また使い捨てナプキンを使っていると、月経血の量も分かりづらくなります。

布ナプキンにすれば、今の状態も認識しやすいと思います。

また布ナプキンを洗って干した時、私は自分の中の何かが癒されていくのを感じました。

現在は月経でないときも、布ナプキンを使っています。

ふんわりとして温かいのです。

布ナプキンの心地よさは、ぜひ味わってほしいなあと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です