銀河教室

出すことで元気

20代の頃は普通に頭痛薬を飲んでいました。

ある時ふと疑問に思ったのです。

これって治しているんじゃなくて、痛みを先延ばしにしているだけだよね?

薬を飲めば痛みは治まるけれど、薬が切れるとまた痛くなる。

それで思い切って薬をやめてみました。

どっかーんと痛みが襲ってきました。

でもその嵐を通り越せば、すっきり良くなりました。

ただその時は、薬をやめてみたものの、他にどうすれば良いか分かりませんでした。

時折やってくる、どっかーんな痛み。

自分なりになぜ頭痛がやってくるのか観察し、

食べ物だったり、気圧だったり、ホルモンバランスやストレスだったりと原因はわかったものの、

寝るか嘔吐するか、低血糖頭痛は甘いものを食べるか、場合によっては冷やすなど

対処法は見つけていったけれど、頭痛の発生をなくすことはできていませんでした。

今現在は、頭痛の頻度はかなり下がりました。

ストレス頭痛は、どうしても起こってしまうのですが、

他の原因での頭痛はほとんど起きなくなりました。

特に無くなったのは、気圧の変化頭痛と食べ物頭痛。

食べ物頭痛は、糖の摂取を砂糖類でなく、穀物からとるようにしたこと。

そして気圧の変化頭痛は、ボディワークにより身体が気血の循環ができ、丈夫になってきたこと。

プラス冷えとりで、さらに気血の循環が良くなり「出す」ことを意識するようになったこと。

冷えとりは、「出す」医療だと思っています。

上半身は涼しく、下半身だけ温める。

それだけです。

それだけなのに、「出す」力がついてきます。

循環していく気持ち良さは、やっぱりやってみないとわからない。

身体の毒を出していくって気持ちが良いのよ。

薬で抑えてためていると気持ち悪いと思うの。

命の危険がある場合を除いては、あまり抑えるのもどうなのかな。

その抑えた毒は、一体どうなるのでしょう。

身体の中でゴジラに変身するかも。

昨日は、高遠のブックフェスに行ってきました。

スッキリとした青空で、見上げると何度も彩雲を目にしました。

明日は秋分ですね。

ちょうど昼夜真ん中になる日。

そして太陽はてんびん座に。

てんびん座は、人は人の間にあってこそ人間なのだと思いださせてくれます。

時折、てんびん座は優柔不断で八方美人なんて言われちゃうけどね。

人は一人では自分が自分であることを認識できない。

他の人がいるから、自分がこの世界に存在していることを感じることができる。

そんなことを意識させてくれる、てんびん座の時期です。

パートナーシップについても考えてみる時かもしれないですね。

今出会っている人に感謝して、また新しい縁をつないでいくそんな時なのかな。

ちょうど逆行していた冥王星も順行になるので、

今月(マヤ暦で電気の月)は、徹底的に片づける月にしようと思います。

もう容赦なく片付けます。

って宣言しちゃったので、やるしかないわあ。

がんばろ~

2 thoughts on “出すことで元気

  1. koko

    SECRET: 0
    PASS:
    >荒尾にあるカウンセリングルーム:吉田春菜さん
    あら聞こえちゃいましたか(^-^)
    ガンバります♪ありがとうございます(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です