銀河教室

下弦の月蟹座~私の宝物

「下弦の月蟹座~私の宝物」
 
本日5日6時6分に
蟹座で下弦の月を迎えました。
 
下弦の月の時は手放しの時。
満月で収穫したものを
周りにお渡ししていく。
 
蟹座は自分にとって
本当に大切なものは何かを教えてくれる。
愛する人を大事に思う気持ち。
大事な人たちと、気持ちを分け合う大切さ。
自分の基盤となるものを気づかせてくれる。
 
例えカタチとなるものは
手放したとしても
本質の愛する気持ちは
自分の中にキラキラした宝物として
大切に残っている。
 
その宝物を持ったまま
私たちは太陽の示す
人生の目的に進んでいく。
 
その宝物に沿わないものは
軌道修正したっていい。
人生の方向転換をする時は
冥王星の力が働く。
 
今日の下弦の月は
太陽と月と冥王星が
互いに響き合っている。
 
冥王星のもう元には戻れない
大きな転換の力。
それは魂の目覚め。
 
魂の望む方向に進むため
サナギが蝶になるようなもの。
方向転換する時は
いつだって痛みが伴う。
 
でも心に宝物があれば
自分の基盤となり
しっかりと大地を踏みしめて
進んでいける。
 
自分の宝物はなんだろう?
大事な人たちと気持ちを分かち合いながら
確認してみるのも良いですね。
 
新月と満月のタイミングで
メルマガを配信しています。
星と身体と心のことを書いています。
メルマガ☆宙のハート便の
ご登録はこちらへどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です