銀河教室

さそり座シーズンへ

本日、太陽がさそり座に入りました。
さそり座シーズンの始まりですね。
 
天秤座は他者という鏡を通して
自分を見つめるような時でした。
 
そして次のさそり座の時は
人と深く関わりながら
美しいものもそうでないものも
全て受け入れながら
ゆっくりと変容していく。
 
誰かと深く関わることで
大きく自分が変わったという経験は
きっとどなたにもあったことかと思います。
 
さそり座の守護星である冥王星
深く徹底的に人生の変革を起こし
生まれ変わりを促す天体。
その冥王星は他の天体たちと
今大きく響き合っています。
 
人と深く関わる時は、
自分をさらけ出すことにもなります。
誰の心の中にもある光と闇。
闇があるからこそ、光も輝く。
 
お互いの光と闇の交換。
エネルギーの交わり。
 
相手の全てを受け入れ
自分の全てをさらけ出す。
それは多くの人とはできない。
閉じられた宇宙の中で
今対峙している相手を見つめる。
 
自分に無かったエッセンスを受け取り
そしてそれは細胞レベルで
変容を起こしていく。
 
さそり座の天体も持つ人も
そうでない人も
誰でも持つさそり座のエッセンスを
感じてみてはいかがでしょうか。
 
明日25日は後の十三夜。
美しい月が見られそうですね。
 

☆占星術個人セッションについては

>>こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です