銀河教室

さそり座の美しく赤い毒

「悪女になれるのか?」
 
本日19日の月はさそり座から射手座へ移動。
南西の夜空で月と土星が並び
さらに近くにはさそり座の一等星
アンタレスが赤く輝きます。
 
ギリシャ神話でオリオンの踵を
チクリと刺し、死にいざなった
サソリの毒を連想させますね。
 
ちなみにアンタレスの意味は
「火星に対抗する者」
  
私たち人間は社会で
円滑に生きていくために
心の中に潜む欲望を
抑えて生活しています。
これはまるで毒のよう。
 
たまにどうしようもなく
心を惹きつけてやまない
悪女がいますよね。
 
例えばルパン三世の峰不二子や
ヤッターマンのドロンジョ様みたいに
毒が人を惹きつける魅力になっている。
 
毒キノコは美しいし
美しいバラは棘を持っている。
 
自分の中にある毒は
どうしようもなく人を惹きつける
美しい武器になる。
 
でもこればっかりは
意識的には難しいのかな~??
自分の役割にこだわり、こうすべきとか
皆がこうだからって自分を抑えたりとか
そういうことをしないで
自分の心に素直に従い生きることが
人を惹きつける魅力になるのでしょうね。
 
とここで自分のホロスコープの中に
悪女要素はあるのか?見てみました。
 
さそり座には小惑星パラスのみ。
しかも4ハウスだから
割烹着を着たおっかさんが
家族のために戦うって感じ。
 
ではリリスは?
火星と合で冥王星とスクエア。
これはきっとスーパーサイヤ人の配置ね。
武道家にはピッタリ。
 
どうやら私は峰不二子のようには
なれないようです。
 
☆内なる宇宙を感じる戸隠リトリート!
つむぎ屋kimiさんとのコラボ企画
私たちと美しい秋の戸隠を歩きませんか?
詳しくはこちらへどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です