水星と木星 大好きなことや才能をあきらめない

水星が今、牡牛座の空間のど真ん中にありますね。

水星は自分のスキルや技術の取得
また相手の考えを汲んだり
自分の考えをまとめて伝えたりすることを司っています。

コミュニケーションでは、仲良しさんや大好きな人などには金星を使うし
仕事など知性を使うようなシーンでは、水星を使うことが多いかと思います。

ところで今の水星の位置のサビアンシンボルが
「男が頭に粋なシルクハットをかぶって、寒気をふせぎながら嵐に立ち向かう」

いやいや寒さ対策なら、シルクハットじゃなくてニット帽でしょ!とつっこみたくなりますが(笑)

牡牛座は自分の価値観や美意識を大切にするので
どんな状況であろうと、自分が良い!と思ったものと共に
人に何を言われようとも、強い意志で進んでいく
まさに自分らしさを押しだしていくようなところですね。

こんなことしたら、家族や友人にどう思われるかなとか
こんなことブログに書いたら、何か言われるかなとか
周りの目が気になっちゃうのって、けっこうありますよね。

それでやめちゃったり、がまんしちゃったりすると
なんかモヤモヤたまっちゃって
自分にダメだしするか
やりたいことをやってる人を批判するか
ってなっちゃうんです。

意外と、自分では勇気出してやってみると
あれ?勇気出して飛び込んだのに
けっこう普通に受け入れられてるよね・・・ってことあります。

けっきょく気にしているのは自分だけ
なんですよね(笑)

ここのところ、水星の真向かいにある蠍座の木星と地球をサンドイッチするカタチです。

蠍座ですから、今まで自分はこうだと思っていたものだけでなく
もっともっと深いところを掘って、才能や能力を発見していくようなところ。

今まで世間一般で良しとされてきたものでなく
たくさんの眠っていた才能を開花させていくこと
それにはまず自分が受け入れることって大事ですね。

ホロスコープを見ると、ずーっと魂が受け継いできた
才能や能力や可能性がありますが
自分はこんなに素晴らしいはずがないって思ってしまい
こんなのないって否定すると、本当にないことになってしまいます。

ちなみに能力とか才能って、最初からできるものではないですものね。

最初からできないのは当たり前なのですが
ちょっとやってできないからって、あきらめちゃうケースってよくあります。

何度も何度も惹かれるもの
やっぱり好きだと思うもの
その技術を磨いていくことを
やめないこと、あきらめないこと
それがまた新たな可能性を広げていくのだと思います。

私自身、子供の頃に読んだ宇宙の図鑑がインパクト強くて
大人になった今でもずーっと宇宙好きですが(笑)
(太陽が二つ見える星とかあるって、世界観が変わりましたもの)

宇宙を知るために占星術も惹かれて
最初は難しかったけれど、あきらめないで続けてこれたこと
(一度は挫折しましたが )
きっとこれからも続けていくんだと思うし
そこを中心にさらに新たなものも発見していくんだろうなって
それができることがうれしいです

水星に対して海王星もゆるく響いていて「いいんじゃな~い」って感じですし
自分のまだ知らない才能を、ほりほりしていくのも楽しい時なのかもしれませんね。

 

人生に疲れたり迷ったりした時

ホロスコープを読む時
占星術は星座が中心と思われがちだけど
10個の天体が中心となります。

その10の天体の内、最もいのちのど真ん中
私たちの本質が「月」になります。

そこを大切に生きているかってものすごく重要で
月をないがしろにしていると、家に帰らず職場でずーっと働いているようなもので
そうすると心も身体も疲れちゃうんです。

月を大事にした働き方って大切で
そこを抜きにしていると、中心がブレブレな感じになっちゃいますね。

月は私たちの種みたいなもので
その種のとおりに社会で花を咲かせていきます。

他所の花を見て、あんな風がいいなあと思って行動しても
無理が重なるだけで、思ったようには進みません。

人生の中で疲れたり迷ったり、先が見えなくなったら
いったん月に帰ると、また自分を取り戻し進んでいけます。

月で充電するようなイメージですね。
なので自分の月がどうなのかって知っていることは大切です。

今年の夏至に予定している、神津島での私に還る魂の再生リトリートでは
「月星座のワークショップ」もプログラムの中に入っています。

私が占星術で仕事を始めた頃、まず最初に「月星座のワークショップ」から始めました。あの頃の内容から、バージョンアップしております。

理論とか理屈でなく、「今どう感じるのか」
月を味わうようなワークショップにしたいと思っています。

また私は宇宙巫女でもありますので
お一人お一人に、月のエネルギーと
それぞれの持つ月の星座のエネルギーを
皆さまが受け取りやすいヒーリングに変えてお届けします。

波動で受け取ることで、思考だけでなく
身体でも受けとめることができるし
地球にグラウンディングしていくことや
心や魂に沁みわたっていくことで
それぞれの気付きが深まると思います。

私自身の月の星座のエネルギーをおろした時
身体のこわばりが取れて、ふーっと良い感じに力が抜けました。
そして周りの音だったり、風だったり鮮明に感じたのでした。
何より心が穏やかになりますね。

どの星や星座でもそうですが、宇宙巫女によるコズミックヒーリングをすると
少し宇宙的な目線といいますか、いつもより大きな自分で見えるので
気付かなかったことに気付いたりと、成長を促してくれる感覚があります。

それぞれに感じ方は違うと思いますが、ぜひお楽しみで受け取っていただけたらと思います。

ちょうど夏至は太陽が蟹座に入るタイミング。
蟹座の守護星は月です。
月に還ることは、本来の純粋な私に還ること

何にもとらわれない、わたしに還るリトリート
ぜひご一緒しませんか!

 

体感があった方が良い?

エネルギーワークとかヒーリングを受けた時
体感があった方が良いかというと
どちらでもいいと私は思う。

体感があるなしに関わらず、ワークそのものはちゃんと作用している。
だけど体感が無いからって、がっかりしちゃう方もいらっしゃるのも事実。

エネルギーワークを受けるのに、体感があってもなくても良いけれど
普通に生活をするうえでは、ある程度の体感はある方が良いとは思う。

波動的なものに対して、敏感かどうかって
味覚がするどいかとか
臭覚が発達しているとか
そういったものと同じだと私は捉えている。

例えば臭覚が発達しているとして
良い匂いだけを選択して嗅ぐことはできない。
嗅ぎたくないものまで、知覚してしまう。

それと同じで、波動的に敏感だと良いものだけを感じることは無理で
というか世の中どちらかというと、荒々しい波動や重いものの方が多く疲れてしまうことは多い。

ちなみに体感がなくても、波動的な影響は受けるのは同じ。
例えば悪臭がするものがあったとして、鼻がつまって匂いを嗅げなくても、クサい匂いの空気が取りまいてるのと似ている。

ところで以前の私は、波動的なものに対してものすごく鈍感だった。
今振り返ると、自分以外の波動でパンパンで、気の循環が悪くて出すことができなかった。

なので常時、身体がどこか痛かった。
基本的には首がとれそうなくらい痛みがあり、プチ頭痛なのは普通だった。
痛みをガマンしていたので、身体の感覚が鈍くて、心地よいこともわかりづらかった。

身体に取り組みだし、気の流れが整い流れ始めると、身体の調子も良くなっていったし、次第に体感も増してきた。
何をやっていたかは、具体的には書けないけれど(笑)
やはり身体の気を巡らすことって、大事だと思う。

ただそれをやり過ぎて、体感がどんどん鋭くなったのか
元々敏感で、その潜在能力が開いたのか謎。
まあそれをやってなかったら、波動的なものには興味がいかなかったと思う。
体感があるとやはりインパクトが強いから。

ただ敏感なのは利点があって、よく神さまとか天使とか龍などは、物の怪がコスプレしていることが多いんだけど(神さまコスプレの物の怪からのメッセージやヒーリングを、ありがたがっているケースもよく見かけますよね。はたから見ているとめっちゃ怖い)
気持ち悪さとか痛みとかで判別できるということはある。

元々怖がりだし身体が辛くなるので、物の怪コラボの方に対してつい態度が悪くなってしまうのは、ホントごめんなさいだけど。

身体の声を無視していると、鈍感になっていくので
変なものかどうかわからなくなるのかもしれない。
(ちなみに物の怪に親しんでいると、感覚がマヒするのでさらにわからなくなるみたい)

普通にこれは心地よいとか、重くて変だとか
判別できるくらいの体感はあった方がいいんじゃないかなとは思う。
食べ物が腐っているのか、食べられるのか匂いで判別できるみたいな程度にはね。

身体の状態を観察することや
身体を慈しみ、メンテナンスは続けることや
疲れたらちゃんと休むこととか
そういったことの積み重ねで
体感はクリアに感じるようになっていくのだろうし

体感が増すと、この地球の自然の美しさをより感じて
生命の循環を肌で実感していくんだと思う。

だから自然の中に行くのは好き。

自然は癒されますものね。