夏至と海王星の逆行

22日は夏至ですね。

夏至は一年のうちで太陽が

最も高い位置までのぼります。

 

夏至点は22日0時54分頃なので

日本では明日21日が一番

太陽の光が元気な日ですね。

明日の朝日は、ぜひ浴びたいところです

 

陽が極まり、陰へ転じる時

ひとつの大きな切り替わりの地点です。

 

占星術的には蟹座シーズンのはじまり

季節では夏のはじまりです。

今まで磨いてきたもの

高めてきたものを

のびのびと開放していく

そんな時期なのでしょう。

 

ケルトでは宇宙を明るくする

三つの光線が放たれるのが

夏至の日だとか。

広い世界へと放たれる

そんなイメージですね。

 

そしてこの夏至の前

明日21日は海王星が

動きを止めます。

 

逆行を始めるのが

6月28日頃なので

海王星が留の状態で

夏至を迎えます。

 

海王星の影響を感じる

今年の夏至ですね。

 

海王星は現在は魚座にあり

逆行により魚座のど真ん中まで

位置を戻していきます。

期間は今年の11月27日までです。

 

魚座にある海王星の逆行

これはスピリチュアルなものを

どう日常に落とし込んでいくか

ふわふわした夢物語でなく

現実と結びつけていくことを

確認していくような

期間なのではと感じます。

 

スピリチュアルというと

高次元とつながるとか

見えないものが見えるなど

サイキック的な能力が

目立っているように感じますが

 

能力がどうかということと

スピリチュアルに生きることとは

関係ないのではないでしょうか。

 

無意識に繰り返しがちな日常ですが

全ての生活や習慣の中で

スピリチュアルがどう活かされるか

なのだと思います。

 

例えば、スーパーで買い物したもの

そのうちの卵ひとつとっても

たくさんの人、命が関わっています。

 

何も思わなければただの卵

だけどレジの人、陳列した人

仕入れた人、運んだ人

卵を産んだ鶏

それを世話する人

鶏のためのエサを作る人

それぞれを育んだ水や空気や

辿っていくとわけわからないほどの

多くの存在が関わっています。

 

卵を調理していただく時

「いただきます」と言いますが

全てに感謝の意味ですものね。

 

料理をするのも

家族のために愛情こめてつくる

これもスピリチュアルですものね。

 

そういった見えないものを感じること

そして感謝をすること

自分の日常の行為に

愛をこめていくこと

 

それはきっと、祈りのようなものかもしれません。

 

見えない存在を感じること

その存在に対しての祈りもそうですね。

 

例えば私の実家の庭先には祠がありました。

氏神様と呼んでいますが

その氏神様の名前は今でも

自治会名で残っていて

その土地の守り神のような存在です。

 

子供の頃から、出かける時

帰ってきた時は必ず

氏神様に手を合わせました。

 

見えないけれども

見守ってくれるような存在

そこに感謝をするのも

祈りなのでしょうね。

 

生かされている自分を感じながら

日常の全てが祈りとなる

 

もちろん疲れちゃって

手を抜きますってことも

あるかもしれませんが(笑)

 

それはそれで仕方がないので

無意識で自動的にすることより

愛情込めたり丁寧に生きたりと

そんな祈りのような日常が

少しでも増えていくと良いですものね。

 

来月は蟹座と山羊座で

新月食と満月食がありますし

ドラゴンヘッドも蟹座にあります。

(ちょっと興味深い配置なので、これはまた改めて書きます)

 

自分を支えている

基盤のような日常を

どう過ごすのか?

どうスピリチュアルを

現実に落とし込んでいくのか?

 

見つめてみるのに、この夏至は

良い機会なのではないでしょうか。

誇り高くかかげる旗~射手座満月のメッセージ

本日17日17時30分頃、射手座の領域で満月となります。

満月前に月は木星と接近中。
満月の輝きにも負けず光る木星は
いつも私たちに勇気を持って
前に進むことを後押ししてくれるようです。

ちなみに射手座エリアで
満月と木星が接近するのは
次は12年後になります。

射手座は導き手、指導者ともいわれます。
なぜ導き手になるのでしょうか?
それは、たくさんの道を自ら歩き
多くの経験から真理を見つめ
普遍的な叡智を見出すからです。

全ての人の中に、射手座のエッセンスはあります。

満月の時は、この半年の
振り返りと感謝の時ですが
この射手座満月は、ぜひ
これまで歩んできた
12年という時も見つめてみてください。

それは、誰にもできない
あなただけのストーリーがあります。
全ての経験があるから
今ここにいる私。
感謝と共に見つめてみましょう。

感謝できないこともあるかもしれません。
できないことはジャッジせずに
今は感謝できる時ではないんだと
そう感じているんだねと
どんな思いも受け止めていきましょう。

いつでも内なる星と共に
そして周りの人、関わった全ての人
地球や自然も全部
共にあったこと

そして自分自身の歩んだ道
過去の経験が運んでくれた
今この時を感じて

そして新たに未来を創造していく
夏至の扉のすぐ前の満月です。

夏至の切り替わり
人との関わりの変化など
また大きく変化していきますが
変わっていく中でも
変わらないものがあります。

自分は何を大切にしているのか?
どんな生き方が美しいと思うのか?
ぜひ振り返りと共に見つめてみてくださいね。

変わらない普遍的なもの
自分の目指す理想や夢
この地球で何をしたかったのか?
魂の望み、魂の生き方へ
シフトしていくこの時期なのでしょうね。

この満月のサビアンシンボルは
「旗手」

旗を掲げる人ですね。
旗には理想とするものが描かれています。
その旗の元に、同じ思いを持つ人々が集います。

ただ自分の理想を追い求めるあまり
正しさに固執してしまうと
自分と考えの違う人を
排除するような方向になります。

正しさは人に押し付けるものでなく
自分の生き方、あり方の姿勢ですね。
それぞれの正しさを尊重しながら
堂々とこの私を世界に顕していく

これが私です!と掲げる旗
誇り高く旗を掲げる満月
あなたはどんな旗を掲げますか?

それは今後12年間に通じる旗でもあります。

それでは良い満月の日をお過ごしくださいね。

乙女座上弦の月とグランドクロス

本日10日15時頃、乙女座のエリアで上弦の月となります。

 

とても印象的な星の配置ですね。

海王星、木星、太陽、月で

大きな十字(グランドクロス)が

天空に描かれています。

さらにいろんな星が響き合い

神秘的な配置もありますね。

 

グランドクロス

十字の点を結ぶと□になりますが

その中である一定の圧がかけられ

それを突破していくことで

大きく前進していくイメージです。

 

種が芽吹く時

あたたかく包まれていた

土の圧を押しのけて

地上に芽を出すような感じですね。

 

ただ今回は

柔軟宮の星座の位置なので

すっごい圧ではないですが

心が揺れることもあるかもしれません。

 

揺れながら、心の純粋な部分を

見つめるといった感じでしょうか。

そのための空間をつくることも大切です。

大切なことを忘れていないか?

一度立ち止まり、自分の心と向き合う時でもあります。

 

思いにとらわれず、見つめてみる

そして許しということも、キーワードであります。

 

これは誰かへの許しではなく

自分への許しですね。

どんな思いが出てきても

そうだよねって受け止める

ジャッジしないことも大切です。

 

乙女座の上弦の月

さらに柔軟宮のグランドクロスなので

「調整」もかかります。

 

私が思う乙女座にぴったりな

摂生という言葉がありますが

摂という字は、白川静さんの常用字解によると

「小さなものを取り集める」という意味だそうです。

 

自分の心の中の小さな思い

ふと浮かんだこと

今感じていること

取りこぼさずに大切にして

 

そして自分も周りも

全てが最善となるよう

調整をしていく時なのでしょう。

 

 

これから17日射手座満月

22日は夏至と

また大きな切り変わりの時

その前のこの調整期間

焦らずゆっくりと自分と向き合う

時間をとってみてはいかがでしょうか?