銀河教室

体感から知る 宇宙、自然と共に生きること

3a527b968e9f6b81d7cdda3141cef5f2_s

マクロコスモスとミクロコスモス。

身体に目を向けると、私たちは小宇宙であることを実感します。
日々の自然や宇宙の移り変わりを感じるのに
陰陽五行の考え方は、とてもしっくりきます。

この宇宙は、木火土金水の5元素で構成されていて
私たちの身体も、この5元素で構成されています。
木は肝臓(春)、火は心臓(夏)、金は肺(秋)、水は腎臓(冬)
そして土用は、季節の移り変わりの時で年4回あり、脾臓と胃です。(ちょうど今)

さらにそれぞれが感情とも対応しています。
例えばクヨクヨ、メソメソは腎臓
イライラ怒りっぽいのは肝臓です。
心がすっきり爽快でいられるのも、身体からのアプローチは手っ取り早いです(笑)

宇宙もこの地球も、豊かに循環しているのは、この5元素がバランスよく循環しているから。
私たちも、この5元素がバランスよく循環している状態であることが大切ですね。
だからこそ心身共に健康に、さらにこの宇宙の響きを受け取り、自然と共に生きられるのでしょうね。

知識だけでは陰陽五行は、以前の私は難しくてよくわからなかったのです。
でも内功八段錦(ないこうはちだんきん)をするようになってから
体感から腑に落ち、理解できるようになりました。

この内功八段錦は、それぞれの季節ごとに対応していて、シンプルな動きなのに奥深く、心身のスキルを一生高められるものです。
身につけると一生ものの財産ともなる、保健医療運動です。

「八段錦 はちだんきん」とは、
その名の通り、八つのシンプルな型で構成されています。
「八」は 8・∞ インフィ二ティ
絶え間ない循環エネルギー、無限の可能性を体現した美しい動作です。

「内功 ないこう」とは、
肝臓、心臓、脾臓、肺、腎臓など、鍼灸・漢方理論で経絡と捉える、エネルギー回路のケアを通して、身体の中から力を養います。

身体の内と外
見えるものと見えないもの
顕在意識と潜在意識
それぞれ2つの往来を取りまとめ、
内にある宇宙、自然を呼び覚まします。

深いリラックスもありながら、同時に目覚めた状態でもある
いつでも動くべき時に集中して、最大限の能力が発揮できる状態へと養います。

自分でケアできて、さらに強くできるのが良いですね。
モヤモヤした時ほど、流れていく気持ち良さが実感できます。
どうやら心や内臓だけではないようで、
先日、続けている方からお聞きしたのですが、
更年期に伴う不調が無くなったと、喜ばれていました。

まだまだいろんなうれしい実感が、出てきそうですね。

 

内功八段錦は以下の講座で学べます。

・1月26日(木)10時~
長野県松川町 光論亭
残席1名様です。
料金 8000円
(以前、内功八段錦講座に出られた方は5000円)

・2月10日、11日
神さまと宇宙~東国三社めぐりとフィールドワーク
詳しくは以下のリンクからどうぞ↓
http://ameblo.jp/vitalenergy21/entry-12222236664.html

 

>>Vital Energy Body Work 山下道場 ホームページ

 

写真は淡路島での講座の様子です。

16174830_1263431067081081_7759418083042446731_n