銀河教室

ブラと乳房について考える

「ブラをしなくなると垂れるでしょ。」
と友人が言った。

「いやいや、それは見た目だけ上がっているようで、実際は垂れているんだよ」
と私は言った。

突然、脳裏に数か月前の友人とのやりとりが浮かんできて
ブラと乳房について考えていた。
(クリスマスに何を考えているんだろう笑)

皮膚の付属器官である乳房、別名おっぱい
豊かな乳房は、女性のシンボルともいえるものでもある。

私が類推するに、大半の女性はそれが垂れるのが嫌い。
乳房を綺麗に、またボリューミーに(パット付が多いもんね)
さらにキュッと上向きにカッコよく見せる
アイテムとしてブラジャーがある。

私も以前は使用していたブラジャーであるが
約3年前、癒しの段階に入った時
身体を締め付けるものが、猛烈に苦しく感じるようになってしまった。

一番締め付けていたものが、ブラジャーである。
これは真っ先にさよならした。
ちなみに肌も敏感になったので
直接触れるものはシルクでないと、気持ち悪くなった。

というわけで、パット付シルクのキャミソールである。
ここで私は現実を見ることになった。
そうか!今までブラジャーで、垂れていないと勘違いしていただけなんだと・・・。

その時はちょうど40歳であったし、もうあきらめるしかないのかなと思っていた。
別に人前にでるわけでもないし、外に出るなんてパートくらいだし、年相応よねって。
(この頃はとても猫背で姿勢が悪く、いつも下を向いて歩いていた私)

ところでこのタイミングは、いろいろ人生について考えることがあり
それまでなんとなく習っていたVital Energy Body Workを
真剣に取り組むようになった時だった。

その時は自分の人生を何とかしたい!という思いで、必死だったわけで
状態を上げること、エネルギー量を増やし循環させること
魂の振動数を上げて、自分の能力を発揮して
自分らしく生きる力を養うことが目的。

でもその途中で、うれしいおまけはたくさんあった。

自分でもびっくりするくらい、人生の変容があった。
(そのあたりは長くなるので割愛)
そして見た目にもずいぶん変化があった。

Vital Energy Body Workは、痩せるとか若返るとか、おっぱいが上がるとか、お尻が上がるとか目的ではない。
でも結果的にそうなった。
そうなるために練習していたわけではないけどね。

それで今思うことは、いくらアイテムが素晴らしくても
それに頼りっきりでは、どうなのかなというところ。
素晴らしいアイテムは、際限なく店頭に並ぶわけで
求めればきりがない。

もちろんアイテムも好き。
私を彩る化粧品や下着やアクセサリーは大切なもの。
でもね、やっぱりこれも内と外の協力関係だよね。

内が整わずごちゃごちゃのまま飾るだけでは
ちぐはぐになるし、その人の良さが見えてこない。
そのアイテムを扱う者の状態が大切で
それによってお互いに引き立つのではと思う。

 

・・・ちなみに、ブラジャーをしなくなった時、ものすごく開放感があった。
身体を締め付けるものって、もしかしたら心まで締め付けるのかもしれない。
でもその時の私は内圧(活力)が弱かったからね。
内圧が高まった今では、締め付けるアイテムも平気になった。
(とはいえ、普段はゆったり系だけどね。たまにはいいよね。)

もし癒しを必要としている段階なら、ブラジャーをやめてみるのも良いかもね。

 

Vital Energy Body Work 山下道場 小静教室
レッスンについて↓
http://ameblo.jp/vitalenergy21/entry-12231795276.html