銀河教室

火星の力を養うこと

逆行中の火星は蠍座に入り、明日は地球に最接近します。

古代では火星は凶星とされ、トラブルや争いの象徴とされてきました。
確かに自身の火星を抑圧しているとトラブルを招き、火星の力を発揮させるようなシチェーションが生まれるのは、よくあることですね。
トラブルの現象だけ見るのではなく、なぜこれが起こったのか原因を見ることが大切です。

火星の力をどう養っていくか、これは人生を拡大させるために欠かせないものです。
人は誰でも内に暴力性、攻撃性、闘争本能を備えています。
それらを見ないようにする方が多いように見受けられますが
大なり小なり持ち合わせてますよね。

分かりやすいのが、ベッキーの件。
日曜など夫がテレビを見るので、たまに横から聞こえてくるのですが
大勢が見て悪だと思える対象が表れると
意気揚々と攻撃性を発揮される方が多いですね。
これは私の妄想かもしれませんが、真実から目を背けさせるため
定期的に怒り発散のための対象を、故意に強調させ煽っているように思えてしまいます。
私たちは怒りでさえも、コントロールさせられるのか?と。
他人の不倫なんぞ、本当はどうでもいいことのはずですよね。

若干話がそれましたが・・・
火星は人生の目的を達成するためには欠かせない
私たちの燃えるエンジンみたいなものです。
(火星の星座によってエンジンの仕様が変わります)
私たちの活力、生命力の炎ですね。

今現在の火星は逆行し蠍座にあるので、まさに生命の炎の確認をしているようなところです。
私たちの生きていく情熱の源、それが何であるのか
どうして今これをしようとしているのか
自分の原動力となるものの再確認ですね。

人生の中では何度でも転びます。
でもその炎があるならば、何度でも立ちあがれます。
生命の炎を見つけたなら、それを掴み続けることです。
深い悲しみや怒りを、燃える炎の燃料にして歩みを停めないことです。
悲しみを癒す時間はある一定の期間は必要ですが、そこに固着すると停滞してしまいます。

お金が心配だから、自信がないからなどなど
やらないでいる理由はいくらでも作れますが
それは生命の炎と結びついていないということで
条件でやめられるくらいなら、それは本物では無かったということです。

これをやるしか生きられない
そうでしか生きていく自分を表現できない
そこに出会ったなら、これから情熱の炎を集中させていく時です。
それ以外のものは、この欠けていく月の期間に手放していきます。

これから新月に向けて、天空にグランドクロスが形成されつつあります。
私たちがより成長していく時ですが、これは惑星によって一方的にもたらされるものではなく、今まで自分がいかに生命の力を養ってきたかによります。
特に柔軟宮のグランドクロスですから、より変化に対応できる柔軟な私になっているかがポイントですね。
柔軟な私でいるには、大地に深く根を張っていることも重要です。
だからこそ強い風が吹いても、しなやかに動けるのです。

ちなみに火星の力を養うには、嫌なことはきちんとお断りすること
そして身体の力を養うことです。
身体の力の強さは、火星の強さと比例します。
主体的に自分の人生を切り開いていく力となります。
ここが私がボディーワークをお勧めするポイントですね。
自立して自分の意志と考えをもって、人生を生きていきたいですものね。

結局のところ、占星術を知らなくても主体的に生きていると、自然に星の流れに乗っちゃうんですよね。
だからね、占星術は多くを知らなくても、タイミングを確認する程度がちょうど良いと思うのです。

☆目覚めの戸隠リトリート
あと3名様程ご参加いただけます。
射手座で満月と太陽のパワーが最も強い夏至の日
大地と天とつながり、新たなわたしの目覚めのタイミングです。
詳しくはこちらをご覧ください→★★★

☆Vital Energy Body Work山下道場 講習会
創始者山下先生による、夏の養生といのちの根源とつながる、座学とボディーワーク
会場は長野県駒ヶ根市のふるさとの家セミナーハウス
美しい森に囲まれた会場は、リトリート感満載です。
森林浴も気持ちが良いですね。
6月25日(土)13時~ 受講費は8,000円です。

今後の予定
・7月30日(土)講習会
・合宿 7月20日蓼科、10月熊野を予定しています。

駒ヶ根市へは都心から高速バスで一本です。
名古屋から約2時間半
新宿から約3時間半
バス停までお迎えに行きます。

各種お問い合わせは
小静携帯 090-7426-4803
又は>>こちらから入力ください。

16-05-15-17-30-27-152_deco