銀河教室

火星の力~枯れない情熱の種を掴む

13495289_1066414956782694_2296865865299337144_n

現在、逆行中の火星は蠍座に滞在中。
そして6月30日に順行となります。
ちょうど6月30日はけがれを祓い、息災を祈る夏越大祓。

師匠に教わりましたが、けがれは汚いものではなく、気枯れのことだそう。
気が枯れた状態って、活力がなく生命力が低下している様ですね。

この火星が逆行から転じるこの一週間は
とても大切な時期(いつも大切だけどね)
火星が蠍座だけに、生命の根源に降り立つ時。
そして再びいのちにエネルギーを吹き込み
燃え立たせるような時。

心の中にある消化しきれていない
深い悲しみや怒り、どうしようもない心の痛み
それらの奥にある、本当の願いと出会う。
辛い経験や痛みの奥に、本当の願いが隠されている。

深く自分と向き合うこと、それは思いだしたくない痛みも伴う。
その痛みを立ちあがる力に昇華し
この人生で、本当にやりたいことをするための活力にする。
それは持続可能な炎。

よく「続かない」ということを聞きますが
それは、いのちと結びついてないことをしているから
自分の人生を生きる覚悟をしていないから。

変化をするのは誰でも怖い。
不満でグチが出るような状況でも
なんとなく埋没してしまいがち。
幸せになること、自分の人生を生きること
やりたいことを行動に出るにも、覚悟が必要となる。

きちんと命の根源に降り立ち
本当の願いに出会ったら
その炎を絶やさない。

枯れない情熱の種を掴んで離さないこと。
なぜそれをやりたいのか、人は忘れちゃうからね。
意識的であることも大事。

そして、8月3日に火星は蠍座から射手座へ
その情熱をさらに燃え立たせて、大きく飛び立つ時ですね。

そして太陽は蟹座にあります。
宇宙の基盤を支える蟹座。
私たちの基盤でもあります。

自分がどういう場で生きていくのか。
何を大切にしていくのか。
何度でも問いかける。

自分がどんなシーンで生きるのか
決める大切な時。

この一週間はとても大切。
心決めしたことは、忘れないように紙に書いておきましょう。
書いて壁に貼るのも良いですね。
私もきちんと書こうと思います。

大地とつながり 星のことばを伝える 小静

お知らせ