銀河教室

宇宙を肌で感じることと、知的興奮が高まることについて

「私はこれでいいんだ」と自分を知り認めることができる
また他者を無理に変えようとせず、それでいいんだって思える

自分や他者の理解に、占星術を知ることはとても良いことだなと思います。

太陽、月、水星、金星、火星などのパーソナル天体の星座を知るだけでも、自分の取り扱い説明書が手に入ったみたいで面白いですよね。
それぞれのコミュニティの平和のために、占星術を活用するのはとても良いなと思います。

ただ占星術は知れば知るほど奥が深くて、知的好奇心が高い方はもっと知りたい!となりますよね。
しかし占星術は知識だけだと難しいです。
占星術を身に付けるには検証を重ねることが一番ですが、もうひとつ重要だと思っていることがあります。

6fdc86621d542d89331e352bdf2bf615_s

それは空を見上げること。

ホロスコープは平面で見ていると、ただの図面になってしまいます。
(紙に印刷されてるから、平面なのはどうしようもないのだけど笑)

宇宙は立体だから、その世界を肌で感じるって大切なことだと思います。
太陽や月の光、星の煌めき、その美しさを身体で受け止めると
理屈じゃなくて、「ただここに在る」ことを感じます。

小宇宙である私たちと、大宇宙が呼応していること
そこが落ちてくると、占星術の理論もすーっと入ってきます。

理論を咀嚼できるスーパー頭脳の持ち主なら、実際の宇宙を感じなくても理解できるのかもしれません。
でもそれだと現実から離れてしまいますね。

先日、ボディーワークの生徒さんが
「最近よく夜空を見上げるようになったんです。
月や星の光がすごくきれいに感じるようになりました。」
と報告くださいました。

身体の感覚が開いてくると、それまで見ていた世界がより鮮明に美しく、目に映るようになるんですよね。
この世界の美しさを、分かち合える方が増えるのはうれしいことです。

私は占星術のセミナーで、「空を見上げてください」と以前は言っていました。
でも星や月を眺めても、これはどういうことだろう?と頭で考えてしまって
ただ眺めるということが、けっこう難しい方が多いことがわかりました。

いろいろ考えすぎちゃう思考を、いったんシャットダウンして
感覚を開いていくことが、大切なのではと思います。
だって考え過ぎると頭がパンパンになって、どうしたらいいかわからなくなって、疲れちゃいます。

身体の感覚が開くと、自分の中の自然が体感でわかるし
宇宙や自然のリズムも感じられるようになります。
結果的に、生来持っていた能力が開いていくんですよね。
これがホロスコープに示されている、能力や魅力だったりします。

空を眺めて、ただただ自分の宇宙と、大宇宙がここに在ることを感じること、ぜひおすすめです。
それが難しい時は、ボディーワークで身体の感覚を開くことはおすすめです。

ちなみに新しいことを学んだり、知識が増えることは、特に風のエレメントを持つ方には喜びです。
知識+体感があることが、新しいことを知った!という知的興奮がさらに高まります。

私は、太陽と金星が水瓶座なので、新しいことを知った(知識)➾腑に落ちた!(体感)が、とにかく快感なんですよね。

☆お知らせ

・魂振るわす鎮魂秘儀と振動活性ボディーワーク
3月25日、26日 奈良・葛木御歳神社

2017年、魂の観点で生きる方へ
深みと高みのある人生をクリエイトしたい方へ
全ての道開きのために

内を整え「空間・スペース」を空け
新しいエネルギーを呼び込む
新たな息吹を吹き込むことで
生命の力がうねりのように内側から起こり
仕事や活動、生活全てに、力強く魂が宿ります。

魂と結びついていること。

それはあなたの歩む道が、クリアに開き通ることに繋がります。
詳細はこちらからどうぞ➾★★★
お知らせ